追悼 63.5kg史上最高のボクサー

ジュニアウエルター最強だったプライアーは、スタローンにも称えられた(写真:REX FEATURES/アフロ)

 10月9日(日)午前5時57分。家族に看取られるなか、60歳の元世界チャンピオンが永眠した。

63.5 kgのジュニアウエルター級史上、最強の男と呼ばれたアーロン・プライアー(60)。61歳の誕生日まで、あと10日だった。

 

 2003年6月、私はプライアーの結婚式に出席した。米国NY、カナストータ。国際ボクシング殿堂の式典中に、プライアーは伴侶と永遠の愛を誓い合った。現役時代に野獣のようだった姿は消え失せ、溢れ出る涙を何度も拭っていたプライアーに親しみを覚えた。

 プライアーは、日本国内で無敵のウエルター級王者だった亀田昭雄を下しており、私のインタビューを受ける度に「亀田に会いたい」と言った。

 5年間の準備を費やし、私は彼らの再会をお膳立てした。亀田昭雄がプライアーの自宅(オハイオ州シンシナティ)を訪問したのだ。2008年夏のことだ。

26年ぶりに顔を合わせたライバルは、笑顔で抱き合った(興味のある方は拙著『神様のリング』講談社 を読んでやってください)。

 その時、プライアーは語った。「アキオ・カメダともう一度会っておきたかった。私は間もなく、天に召されるから--」

 網膜剥離で引退勧告を受け、ドラッグに溺れ、麻薬の売人に左手を撃ち抜かれたプライアーの体は、深いダメージを負っていた。

 本日、訃報を知った亀田昭雄は話した。

 「再会した時、なんて哀しいことを言うのだろうと思いましたね。それほど酷い状況でもなかったように感じたけれど、精神が参ってしまっていたのかもしれない…。でも病院じゃなく、自宅で家族に見守られて亡くなったというのは、幸せじゃないかな。散る桜、残る桜も、散る桜というのが今の心境ですね。今は安らかに眠ってほしい」

Rest in Peace, Aaron.

 また一人、自分の周りから大切な人が消えた。