アルゼンチンから名門チームがやってきた!

アルゼンチンの超名門、リーベルのユニフォーム

  昨年のブラジルワールドカップで最も光を放った選手-----準優勝したアルゼンチンの背番号14、ハビエル・マスチェラーノ。鋭い読みと闘魂は、見る者を熱くさせた。

 そのマスチェラーノは14歳の時、アルゼンチン一の名門チームの下部組織に入り、2003年にトップチームに昇格する。闘う男が袖を通したのは、白地に赤いタスキのデザイン、リーベル・プレートのユニフォームである。1901年の創立以降、アルゼンチンリーグ優勝36回を誇る同リーベル・プレートのサッカースクールが日本に開校する。6月より所沢と横浜で「リーベル・メソッド」を用いて、子供たちを指導する。

 代表者を務めるレオナルド小野は語る。

 「日本サッカーの問題点はメンタルと、指導者ではないでしょうか。グラウンドで勝ちたい気持ちが表れている選手が見られないです。それが玉際の弱さにつながっていますね。体のぶつけ方も知らない。Jリーグもプロであるはずなのに、僕が14歳から住んだチリのストリートサッカーの方が激しいくらいです」

 アルゼンチンで生まれ、7歳から14歳まで日本で過ごした小野は、日本でサッカーと出会った。

 「中学生の時、上の学年のチームの試合に出て得点したら『お前、調子にのるなよ』って、チームメイトの先輩に言われました。また『俺はお前の先輩なんだから、あんまり強くぶつかるな』なんて言われた経験もあります。閉鎖的でしたね。それが日本社会なんでしょうが、打ち込めなかった。僕は14歳の途中でチリに行って、国内リーグの強豪、コロコロの下部組織の試験に受かったんですが、やっているサッカー、練習メニュー、メンタルの鍛え方、何もかもが違いました」

 今のままでは、日本のサッカーに未来はないと小野は言う。

 「たとえば、日本はよくグラウンド20周走なんてやりますよね。アルゼンチンでそういうメニューは、ダラダラダラダラ、マラソン選手みたいなことをやっているって判断されます。アルゼンチンの指導者から見れば有り得ないです。筋肉のつけ方、体力のつけ方がマラソン選手のものになってしまう。選手がそういう体の質になってしまうからです。あんなトレーニングをするなら、どうぞマラソン選手を目指してくださいってなります。サッカーは瞬発力が大事なので、そういうトレーニングにしないと。それも、選手に合わせて筋力や瞬発力のつけ方は違って当然なんですよ。」

 そうした間違った日本の指導を、名門ならではの策で正すのが、リーベル来日の理由である。

 ※興味のある方はクリックしてください。 http://www.riverplate.co.jp/index.html