メッシはマラドーナを越えられない

間もなく、3つ目の星が入る!

 オランダに辛勝し、24年ぶりにファイナルに駒を進めたアルゼンチン。ファンの一人として、素直に喜んでいる。是非、優勝してほしい! 

 

 ただ……。

「メッシ」、「メッシ」と彼のチームだと語られているが、準決勝で最も目を引いた選手は、背番号14のハビエル・マスチェラーノだ。オランダ戦のみならず、いつも献身的な動きで相手の攻撃をことごとく摘み取っている(背番号4のパブロ・サバレタも良い)。

 決勝トーナメントでのアルゼンチンは、攻撃よりも守備が光っている。

 セルシオ・エスクデロ曰く「疲れもあったと思うよ。すばらしい勝利に間違いない。ドイツのパスサッカーはアルゼンチンのディフェンス陣には通用しない。決勝は、90分で決着がつくだろう。2-1でアルゼンチンの勝ちだね」

 多くのメディアが「メッシはマラドーナを越える」と記しているが、どうだろう? マラドーナはあんなに歩いていなかった。ボールを奪われたら、死にもの狂いで取り返しにいった。チームのために常に走っていた。そんなキャプテンの姿に、チームメイトはピッチ上で闘志を更にかき立てられたのではないか。

 2連覇を狙った90年イタリア大会で、幾度も削られながら立ち上がったマラドーナの足首は、ソフトボールのように腫れ上がっていたそうだ。果たして、メッシにそういう戦いが出来るだろうか??? 現段階のアルゼンチン代表の中心選手はマスチュラーノであって、メッシではない。

 ボクシングの世界に「パウンド・フォー・パウンド」という言葉がある。もし、すべての階級のチャンピオンが同じ条件で拳を交えたら、誰が最強か、という理論だ。

 これをアルゼンチンの10番に当て嵌めてみると、私のなかではマラドーナに軍配が上がる。

 白と水色のアルゼンチン代表ユニフォームに魅せられたサッカーファンは世界中にいる。だから、いつも、かつてのスターと現役選手を比べてしまう。イグアインは、バティストゥータに到底及ばない。デマリアも、カニージャやベルトーニのレベルではない。でも、マスチェラーノは過去の代表のなかでもトップクラスのボランチだ。

 

 「それは確かだね。今のアルゼンチン代表は、ピッチの中にも監督がいる状態。それが背番号14よ。86年はマラドーナのチームだった。他の選手はイマイチで、いいサッカーしていなかった。今回の代表チームの方がバランスがいい。メッシだけじゃなく、他もレベルが高いよ」(エスクデロ)

 90年のファイナル前、マラドーナは言った。

「勝つために自分のすべてを出し尽くす。これが私にとって、最後のワールドカップになるかもしれないから」。

 彼もこの時、3度目のワールドカップに挑んでいた。

 メッシもあのくらいのハートをピッチで見せてくれよ。

 マスチュラーノの闘魂こそ、アルゼンチンを象徴している。メッシには決して無いものであるように映る。

 「アルゼンチンスタイルのサッカー、日本で教えます! 小学生時代から闘うハートを身につけなきゃダメ。是非、私の教室に来てください!!」 エスクデロ・サッカースクールの連絡先は asai@rokufc.jp です。

 ※ 僕の「イタリアサッカー取材日記」もついに最終回です。

http://otonano-shumatsu.com/column_list/36557.html 

 是非、クリックしてみてください