「安田純平さん解放」の報道を受けてーバッシングは控えて、身代金支払いの可能性は低い

戦争報道についてのトークイベントに登壇していた安田純平さん(中央・筆者撮影)

 シリアで反政府武装勢力に拘束されていた、ジャーナリストの安田純平さんが解放されたようだ。カタール政府が日本政府側に伝えたとのことなので、おそらく本当なのだろう。非常に喜ばしいことだ。筆者も安田さんとは、イラク戦争等の取材でお世話になったし、共通の友人の家で一緒に会食したりした縁もあり、安田さん解放の報は嬉しい限りである。安田さんの件について、筆者にもメディア関係者から問い合わせがいくつか来ているので、現在、語れる範囲で、自分なりの所感を述べたい。

〇安田さん解放をめぐる動き

 昨晩遅く、安田さんが解放されたらしい、という情報が入ってきたのは、筆者にとっても、意外なことであった。というのも、外務省等、日本の政府関係者が安田さん解放のため、いろいろと動いていたことは事実ではあるし、関係者の尽力には頭が下がる思いではあるものの、一方で安倍政権について安田さん解放にかなりネガティブな話も漏れ伝わってきたからだ。おそらく、どちらも事実なのであろう。外務省職員が中東各国の政府関係者と接触していた形跡があったが、一方で日本政府関係者が直接、安田さんを拘束している実行犯と交渉していた形跡は、少なくとも筆者が知る限りでは確認できなかった。

〇バッシングやメディアスクラムが心配

 安田さんが本当に解放されたとして、今、筆者が気がかりなのは、日本に帰ってきた時のバッシングやメディアスクラムだ。安田さんは精神的に非常にタフな人ではあるが、とは言え、約3年4カ月の拘束で著しく消耗したことは間違いない。今年に入って、安田さんが精神的にかなり追い詰められているという情報もあり、それを裏付けるような別の情報もあった。安田さんが帰国した際、様々な反応があるだろうが、筆者としては、安田さんの精神的・身体的な消耗に配慮してもらいたい。イラクでの日本人人質事件(2004年)の被害者の方々やそのご家族も帰国後のバッシングにより、精神的に追い詰められ、回復するには、数年を要した人もいる。忘れてはならないのは、批判されるべきは、安田さんを誘拐・拘束した実行犯グループであり、安田さんは事件の被害者である、ということだ。

 安田さんも2004年のイラク中部アブグレイブ近郊で現地武装勢力に一時拘束された後、帰国後に激しいバッシングを受けた。批判の材料とされたのは、「安田さんの解放のため身代金が支払われた」というデマ情報だった。だが、イラクでの拘束の件は、厳密に言えば「人質事件」ではない。現地武装勢力は日本側に具体的な要求をすることもなく、誤解で拘束したことを認め、安田さんに謝罪し解放した。日本政府は安田さん解放のための身代金を支払っていないし、イラクから帰国するまでの飛行機代やホテル代も安田さんは自身で精算している。

〇身代金支払いの可能性は極めて低い

 今回のシリアでの拘束事件でも、この間の水面下の動きから考えても、安田さん解放のため日本政府が身代金を支払った可能性は極めて低い。日本政府自体も身代金支払いを否定している。ネット上では、早くも身代金絡みで安田さんを批判するSNS投稿も見られるが、デマ情報を拡散しないよう、ネットユーザーの皆さんには自重していただきたい。

 

 何はともあれ、安田さんやご家族には、この間の疲れをゆっくり癒してもらいたい。御疲れ様でした。(了)

パレスチナやイラクなどの紛争地での現地取材、脱原発・自然エネルギー取材の他、米軍基地問題や貧困・格差etcも取材、幅広く活動するジャーナリスト。週刊誌や新聞、通信社などに寄稿、テレビ局に映像を提供。著書に『たたかう!ジャーナリスト宣言』(社会批評社)、共編著に『原発依存国家』(扶桑社新書)、『イラク戦争を検証するための20の論点』(合同ブックレット)など。イラク戦争の検証を求めるネットワークの事務局長。

有料ニュースの定期購読

志葉玲のジャーナリスト魂! 時事解説と現場ルポサンプル記事
月額440円(初月無料)
月2、3回程度
Yahoo!ニュース個人アクセスランキング上位常連、時に週刊誌も上回る発信力を誇るジャーナリスト志葉玲のわかりやすいニュース解説と、写真や動画を多用した現場ルポ。既存のマスメディアが取り上げない重要テーマも紹介。エスタブリッシュメント(支配者層)ではなく人々のための、公正な社会や平和、地球環境のための報道、権力や大企業に屈しない、たたかうジャーナリズムを発信していく。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ