アイドルグループ「欅坂46」(けやきざかフォーティーシックス)が、ナチス制服に酷似した衣装を着たことについての問題点については、前回配信の記事で書いた通りだが、本件、海外のメディアでの報道がさらに広がっている。

○一斉に報じる各国メディア

世界的な通信社のAP通信がナチス酷似衣装について配信、それを米国の有力紙『ニューヨークタイムズ』(電子版)が掲載。さらに、米国三大放送ネットワークの一つであるCBS系列の『CBSNEWS』もこの問題を取り上げた米有力誌の『タイム』も、欅坂46が所属するソニー・ミュージックが謝罪したことを報じた。ナチスを称賛する行為を違法としているドイツでも複数のメディアが報道。そのうちの一つ、ニュースサイト『Salzburg24』は、欅坂46がYOUTUBEで公開しているPV(プロモーションビデオ)も紹介しているが、このPVの中では、メンバーの一人がナチス式の片手を高く掲げる敬礼に酷似したポーズをとっており、新たな火種になりかねない。

○英紙『ガーディアン』が東京五輪との関係を指摘

これらの報道の中でも、特に注目すべきなのは、イギリスの有力紙『ガーディアン』だ。同紙の記事では、欅坂46を「2020年東京五輪組織委員会の理事がプロデュースするガールズバンド」だとし、また「このバンドのプロデューサーである秋元康氏は東京2020オリンピック開会式の演出に関わるとみられる」と書いている。つまり、欅坂46自体よりも、秋元氏に焦点をあてた記事であり、彼が東京五輪の演出に関わることを問題視するニュアンスも感じられるものだ。ナチス衣装は、欅坂46というグループのみならず、東京五輪にも泥を塗ってしまったともいえる。このような事態を招いた以上、単に「不快にさせてすみません」とコメントするだけではなく、秋元氏は東京五輪組織委員会理事を辞任すべきではないか。

○反省のない国というイメージ

そうでなくとも、既に日本を観る海外の目は安倍政権の下で厳しくなっている。米国の『ニューヨーク・タイムズ』『ウォールストリート・ジャーナル』『BBC放送』など海外有力メディアは靖国神社参拝や、慰安婦問題についての歴史認識についてなどで安倍政権を繰り返し批判している。日本は過去の戦争で犯した戦争犯罪について、全く反省がないとみられているのだ。今回のナチス制服酷似の衣装の件も、そうした印象を多くの国々の人々に与えることになるだろう。日本では、とりわけネットユーザー達は海外からの批判に逆ギレする風潮もあるが、そうした感情的かつエセ愛国主義的な姿勢こそが、むしろ日本を貶めているということに気が付くべきなのである。問われているのは、欅坂46や秋元氏だけではない。彼女ら、彼らが、忌まわしき戦争犯罪を恐るべき規模で行った存在のコスプレをするという発想ができてしまう、日本社会全体としての歴史に対しての浅はかさなのだ。それは、この間、自民党政権や石原都政の下で平和教育が弾圧されてきたこととも直結することなのだろう。今回の件を機に、多くの日本の人々が重い歴史を受け止め、それを教訓とするということを改めて考えたり、今の安倍政権下の日本がどのようなものであるか、客観視したりしてもらえたら、と願う。

(了)