安倍政権を揺るがすSEALDs革命、全国64ヶ所で安保法制反対―30日にも大規模行動

23日にSEALDs主催で都内で行われたデモ 撮影:志葉玲

大学生らが主体となる「SEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動)」から波及した安保法制反対の動きが、全国へと広がっている。今月23日には、SEALDsの呼びかけで、北海道や宮城、愛知、京都、福岡、そして沖縄など全国64ヶ所で安保法制に反対するデモや集会が開催された。東京でも、同日午後、青山から表参道経由、神宮前まで約6500人がSEALDs主催のデモに参加。「戦争反対!」「憲法守れ!」等のコールを連呼しながら、練り歩いた。沿道の人々の視線を集め、スマートフォンなどで撮影する人々もいた。SEALDsの中心メンバーの奥田愛基さんもスピーカーを載せた先導車の上でマイクを握り、「この70年の平和は不断の努力のたまものだ。こんなところで、この国の歩みを止めるわけにはいかない」と訴えた。

奥田愛基さん(写真左)
奥田愛基さん(写真左)

SEALDsは、今年6月5日から毎週金曜日に国会前で安保法制反対を訴え続けている。数千人から数万人が参加する様子が新聞やテレビで報じられるにつれ、各地で同調する動きが起きてきた。宮城でSEALDsTOHOKU、京都でSEALDsKANSAI、沖縄でSEALDs RYUKYU など各地で若者主体のグループが結成され、23日も安保法制反対を訴えた。

SEALDsに影響を受けた、他の世代も活動を開始している。働き盛り世代の弁護士や学者、報道関係者などによる「MIDDLEs」も先月に結成され、今月22日には国会前でアピール。福島瑞穂参議院議員など、国会議員らも応援に駆けつけた。その他にも高齢者中心の「OLDs」、高校生主体の「T-ns SOWL」など各世代が立ち上がっている。

国会前で安保法制反対を訴えるMIDDLEsのメンバーら
国会前で安保法制反対を訴えるMIDDLEsのメンバーら

これらの安保法制反対の動きが一挙に集結するのが、今月30日の国会前だ。この日は、市民団体などによる「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動」が、「国会を10万人で包囲しよう」と大規模行動を呼びかけており、これにSEALDsも参加するという。SEALDs中心メンバーの一人の橋本紅子さんは、「30日、来てください!あと28日19時30~ も。(安保法制は)みんなの問題だよ!」と呼びかける*。また、30日は東京だけでなく、再び全国で安保法制反対デモが行われることになりそうだ。前出の総がかり行動は「全国を戦争法反対の声で埋め尽くそう!」と呼びかけ中だ。

安保法制をめぐる、安倍政権と全国の人々とのせめぎ合いはこの30日に最高潮を迎えることになるかも知れない。

*SEALDs主体の集まりは13時から、総掛かり行動主体の集まりは14時から

23日にSEALDs主催で都内で行われたデモ 撮影:志葉玲
23日にSEALDs主催で都内で行われたデモ 撮影:志葉玲
23日にSEALDs主催で都内で行われたデモ 撮影:志葉玲
23日にSEALDs主催で都内で行われたデモ 撮影:志葉玲
23日にSEALDs主催で都内で行われたデモ 撮影:志葉玲
23日にSEALDs主催で都内で行われたデモ 撮影:志葉玲
23日にSEALDs主催で都内で行われたデモ 撮影:志葉玲
23日にSEALDs主催で都内で行われたデモ 撮影:志葉玲
23日にSEALDs主催で都内で行われたデモ 撮影:志葉玲
23日にSEALDs主催で都内で行われたデモ 撮影:志葉玲

*写真の無断使用は厳禁です。

パレスチナやイラクなどの紛争地での現地取材、脱原発・自然エネルギー取材の他、米軍基地問題や貧困・格差etcも取材、幅広く活動するジャーナリスト。週刊誌や新聞、通信社などに寄稿、テレビ局に映像を提供。著書に『たたかう!ジャーナリスト宣言』(社会批評社)、共編著に『原発依存国家』(扶桑社新書)、『イラク戦争を検証するための20の論点』(合同ブックレット)など。イラク戦争の検証を求めるネットワークの事務局長。

有料ニュースの定期購読

志葉玲のジャーナリスト魂! 時事解説と現場ルポサンプル記事
月額440円(初月無料)
月2、3回程度
Yahoo!ニュース個人アクセスランキング上位常連、時に週刊誌も上回る発信力を誇るジャーナリスト志葉玲のわかりやすいニュース解説と、写真や動画を多用した現場ルポ。既存のマスメディアが取り上げない重要テーマも紹介。エスタブリッシュメント(支配者層)ではなく人々のための、公正な社会や平和、地球環境のための報道、権力や大企業に屈しない、たたかうジャーナリズムを発信していく。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ