白河桃子

相模女子大学客員教授、昭和女子大学客員教授
東京生まれ、慶応義塾大学卒。少子化、女性のライフキャリア、男女共同参画、女性活躍推進、不妊治療、ワークライフバランス、ダイバーシティ、働き方改革、などがテーマ。山田昌弘中央大学教授とともに19万部超のヒットとなった著書「婚活時代」で婚活ブームを起こす。内閣官房「一億総活躍国民会議」民間議員。内閣官房「地域少子化対策検証プロジェクト」委員。著書は「ハラスメントの境界線 セクハラ・パワハラに戸惑う男たち」「御社の働き方改革、ここが間違ってます!」「『逃げ恥』にみる結婚の経済学」「女子と就活」「産むと働くの教科書」など多数。