「畑泥棒」「漁業権の侵害」日本で暮らすベトナム人YouTuberに批判殺到。炎上状態に

「日本人が畑にジャガイモを捨てる理由は何?」との動画より。筆者キャプチャ

 日本で暮らす様子をベトナム人に向けて動画で伝えていたベトナム人YouTuberに対して、「畑泥棒だ」「漁業権を侵害している」との批判が殺到し、炎上しています。

畑に残された作物を盗み、海では伊勢海老を獲るYouTuber

 炎上しているのは13.6万人の登録者を持つYouTubeチャンネル「Dung Duong」です。

 「Dung Duong」は日本で暮らすベトナム人が運営しており、当初は山に自生している植物や川や海で魚やカニを獲る様子を動画で伝えているようでした。

 しかし、その様子はどんどん過激化していき、獲物を捕まえるために田んぼを踏み荒らしたり、山で松茸を採ったり、私有地の畑に残された作物を採ったり、誰かが管理していると推測できる果樹畑から果物を盗んだりとどんどんエスカレート。

獲物を捕まえるために田んぼを走る様子。筆者キャプチャ
獲物を捕まえるために田んぼを走る様子。筆者キャプチャ

 また、漁業権について知らないのか、海からはアワビや伊勢海老を獲って嬉しそうに食べていました。

アワビや伊勢海老も獲っていた。筆者キャプチャ
アワビや伊勢海老も獲っていた。筆者キャプチャ

 そんな内容でもベトナム人に向けた動画のためか(使われている言語もベトナム語です)、まったく炎上せずに人気YouTuberの階段を駆け上がっていました。

ベトナム人による家畜盗難ニュースの流れから発覚か

 しかし、日本でベトナム人による家畜盗難、違法解体、SNSでの売買といったニュースが出てからその風向きが変わります。

 在日ベトナム人に対して非難の目が集まり、SNSでの犯人探しの流れからかYouTubeチャンネル「Dung Duong」の存在が発覚。

 匿名掲示板などで取り上げられ、動画の内容から明らかに窃盗だと判断できたため批判が殺到。現在は炎上状態に陥っています。

 内容が内容のため今後は事件化していくものと考えられますが、このような外国人の在日YouTuberによる被害も知られていないだけでそれなりにあるのかもしれません。