「こんな撮られ方はイヤだ」富士フイルム『X100V』公式動画が炎上。公開後すぐ削除に→お詫びを発表

問題の動画は炎上後、削除された。富士フイルムより。モザイクは筆者加工

 富士フイルムが本日2月5日に発表したコンパクトデジタルカメラ『FUJIFILM X100V』。その公式プロモーション動画として『YouTube』にアップされた動画が炎上しています。

炎上動画はスナップショットの撮影シーン

 富士フイルムが公開した公式プロモーション動画は、『FUJIFILM X100V』を使った自分の写真の撮り方をテーマにしたものです。各国の著名カメラマン6名による撮影シーンや、その作例が紹介されていました。

 日本からはストリートスナップで高い評価を得ている鈴木達朗さんが取り上げられ、その撮影シーンが動画で紹介されました。

 しかし、これが炎上しました。

 理由は被写体が嫌がっている様子が見てわかったからです。

すれ違いざまにポケットからカメラを取り出して撮影

 炎上した動画は現在削除されていますが、紹介されていた撮影シーンは人とすれ違う瞬間にいきなりポケットや手に持っているカメラを取り出して撮影するというものでした。

 言わば不意打ちに近いかたちで写真を撮影しており、カメラを向けられた一般の人がそれを拒否する様子が何度も写っていました。動画を見た人は、ひと目で嫌がっていることがわかったことでしょう。

動画には拒否する人の進路を塞ぐようにして撮影するシーンも多数あった。削除された動画より。筆者キャプチャ。モザイクは筆者加工
動画には拒否する人の進路を塞ぐようにして撮影するシーンも多数あった。削除された動画より。筆者キャプチャ。モザイクは筆者加工

 そのため「自分がこんな撮影をされたら嫌だ」、「こんな動画を公式で発表する理由がわからない」と炎上する事態となりました。

動画は公開後、数時間で削除

 富士フイルムはすぐに炎上に気付いたのか、問題の動画は公開から数時間で削除(非公開)となりました。

 また、あわせて公開されていた公式サイトの鈴木達朗さんのスポットライトというページも削除されました。

 炎上後の対応は早かったものの、炎上そのものについていまのところ公式からは何も発表がない状態です。

富士フイルムがお詫びを発表(2月5日23時06分追記)

 富士フイルムが公式サイトにて「プロモーション動画の配信停止について」とのお知らせを発表しました。

 お知らせのなかで同社は、「視聴者の皆さまに不快感を与える動画が掲載されましたことを深くお詫び申し上げます。本日、当該プロモーション動画の配信を停止いたしました」とお詫びしました。