成宮寛貴さん『相棒』で芸能界復帰の報道。本人&脚本家が「フェイクニュース」だと否定

成宮寛貴さん(写真:アフロ)

 芸能界を引退した成宮寛貴さんがドラマ『相棒』で俳優活動の再開が決定したという週刊誌『女性セブン』の報道に対し、成宮さん本人と『相棒』の脚本家が「フェイクニュース」だと否定しました。

輿水泰弘さん「このフェイクニュースは看過できない」

 『女性セブン(NEWSポストセブン)』は10月2日16時、「水谷さんの働きかけもあって、11月か12月の放送回での復帰が決まったようです」という芸能関係者のコメントを証言として「成宮寛貴、『相棒』で芸能界復帰」を報道。

 この報道に成宮さんファンが喜びの声をあげましたが、ドラマ『相棒』の脚本家を務める輿水泰弘さんは、同日20時55分にフェイクニュースだと否定する発表を『Twitter』で行いました。

 輿水さんはこうしたニュースにはあまり反応しないようにしているとのことですが、信じている人が多かったことから否定を発表されたようです。

成宮寛貴さん「あれはフェイクニュースです」

 また、復帰を報道された成宮寛貴さん本人も翌7時16分、自身の『Twitter』公式アカウントで「あれはフェイクニュースです」と否定する発表を行いました。

 本人、脚本家が「フェイクニュース」だと否定していることから、芸能関係者のコメントは信頼できないものだと考えられます。ファンの方からすると残念でしょうが、フェイクニュースに惑わされないよう気をつけてください。