アップル『iTunes』終了か。ミュージック、TV、ポッドキャストの3つのアプリに?

音楽や動画を管理するソフト『iTunes』。Appleより

 アップルは音楽や動画を購入・管理するソフト『iTunes』の終了を、6月3日(日本時間6月4日)に開催する「WWDC 2019」にて発表する模様です。

 『iTunes』終了のうわさは今年5月に米メディア『9to5Mac』と『ブルームバーグ』が伝えており、その可能性は高いとみられていましたがここにきてかなり現実味を帯びてきました。

 『iTunes』の『Facebook』と『Instagram』公式アカウントが、これまでの投稿をすべて削除したのです。

 キャッシュを見るかぎり、5月31日までは動いていたことを確認できます。にもかかわらず突然の全削除には、フォローしていたユーザーが一番驚いたと思われます。

 そして気になるのは『iTunes』が終了した場合、「いままで購入してきた音楽や動画はどうなるのか?」です。

ミュージック、TV、ポッドキャストの3つのアプリに

 これまでのリークでは『iTunes』は音楽に特化した「ミュージック」、映像や動画を管理する「TV」、そして音声の「ポッドキャスト」の3つのアプリに分離するといわれています。

 そのため購入した音楽や動画、管理しているプレイリストなどはそれぞれのアプリで引き継げるものと思われます。

 実際、ミュージックのアプリについては『iTunes』がベースになっていると言われており、事前にリークされたスクリーンショットからは『iTunes』の音楽機能そのままのような印象を受けます。

 また、TVアプリはこの秋から日本でもサービスが始まるアップルの動画ストリーミングサービス『Apple TV+』が主要コンテンツになるとみられていますが、こちらは詳細が出ていないのでわかりません。

 残ったポッドキャストについては情報がなさすぎます。たぶん、これまでどおりです。

 投稿がすべて削除された流れから『iTunes』終了はほぼ確実だと思われますが、「WWDC 2019」でどのような発表が行われるのでしょうか? 続報が入り次第、お伝えしたいと思います。