ソフトバンク通信障害が発生中。日本全国で報告相次ぐ

(写真:アフロ)

 ソフトバンクモバイルの4G回線、3G回線の両方で通信障害が発生しています。

 通信障害は日本全国で起きており、通信障害お知らせサイト『ダウンディテクター』によると関東地区、関西地区、広島県、福岡県、長崎県など中心に接続ができない状態が続いていることを確認できます。

『ダウンディテクター』によるソフトバンクの障害発生マップ。筆者キャプチャ
『ダウンディテクター』によるソフトバンクの障害発生マップ。筆者キャプチャ

 スマートフォン回線がソフトバンクの方は外出時にネットが使えない可能性があるため注意してください。なお、場所によっては4G回線、3G回線を切り替えることで通信ができるところもあるようです。

追記(12月6日14時21分)

 ソフトバンクから障害についての公式発表が出ました。「午後1時39分頃より一部の地域で携帯電話サービスがご利用しづらい状況が発生中」とのことです。

追記(12月6日19時24分)

 ソフトバンクが「2018年12月6日(木)午後6時4分」をもって復旧したと発表しました。通信障害の原因は交換設備の不具合だったとのことです。