Tumblr成人向けコンテンツを禁止へ。児童ポルノ投稿によるiPhoneアプリ削除が原因か

ユーザーにガイドライン変更を伝えるTumblr公式ブログ。筆者キャプチャ

 ソーシャルブログサービス『Tumblr』が、今後、成人向けコンテンツを一切禁止すると12月4日に発表しました。

 『Tumblr』はこれまでのコミュニティガイドラインを変更し、これまで許可していた人間の性器や乳首を露出した女性の画像、動画、GIFのアップロードを禁止する方針です。

 また、この成人向けコンテンツには写真のようにリアルな描写された人間にそっくりなものや、見間違うレベルのリアルな画像も該当するとのことです。

 この新しいガイドラインは12月17日から適用されます。既存の投稿済みの成人向けコンテンツは同日より非公開設定となります。

投稿画面でも呼びかけ。筆者キャプチャ
投稿画面でも呼びかけ。筆者キャプチャ

児童ポルノのフィルタ抜けが原因か

 『Tumblr』はガイドライン変更の理由について、「Tumblrがクリエティブな表現および自己発見を可能にし、さらにコミュニティの深い感覚を研ぎ澄ますために、Tumblrをより安全なプラットフォームにするための努力の一環」と説明しています。

 しかし、上記説明ページで「児童ポルノを含めた未成年に有害なコンテンツを投稿できなくなる」、「児童を被害から守る最前線で活躍する主要2団体と提携」と説明があるように、今回のアップデートが児童ポルノ対策によるものであることは明白です。

 『Tumblr』は先月、ユーザーが投稿した児童ポルノが規制用データベースのフィルタを抜けて掲載されたことから、アップルからiPhoneアプリを削除される事態となっていました。

 説明文を読んだかぎりでは、『Tumblr』は今後、被写体が裸の可能性が高い画像を機械的に弾いたあとに人間の目でチェックする体制を取るようです。

 なお、『Tumblr』の説明には「政治的、報道価値のあるコンテンツ、および彫刻やイラストなど芸術としてのヌードコンテンツは投稿できる」とあることから、2016年にFacebookがベトナム戦争の報道写真「ナパーム弾の少女」を児童ポルノとみなして削除したような事例には注意しているものと思われます。