任天堂ゲーム実況プレイ動画解禁へ。「著作権侵害を主張しない」ガイドライン発表

(写真:つのだよしお/アフロ)

 任天堂株式会社は、ゲーム実況プレイ動画やスクリーンショットなどの静止画についての新たなガイドラインを11月29日に発表しました。

 ガイドラインでは任天堂のゲーム著作物(動画・スクリーンショット)を、「営利を目的としない場合」や「正式発売後」にかぎって投稿できると案内しています。

 また、『YouTube』、『ニコニコ動画/生放送』、『Twitch』、『OPENREC.tv』、『Twitter』、『Facebook』の各動画共有サイトのシステムを利用した収益化を認め、これらのゲーム実況プレイ動画に対して著作権侵害を主張しないとのことです。

 ただし、任天堂以外の第三者の知的財産権を利用する場合は、ガイドラインとは別にその知的財産権の権利者から許諾を得る必要があります。

ゲーム著作物の審査サービスは終了

 これによりこれまで収益化に必要だった同社運営サービス『Nintendo Creators Program』は、本日をもって動画やチャンネルの新規受付と審査を停止。サービスも2018年12月末日をもって終了するとのことです。

任天堂は『Nintendo Creators Program』を通じてゲーム実況プレイ動画を審査していた。画像はゲーム好きの筆者がやっているYouTubeチャンネルの管理画面。
任天堂は『Nintendo Creators Program』を通じてゲーム実況プレイ動画を審査していた。画像はゲーム好きの筆者がやっているYouTubeチャンネルの管理画面。

 任天堂は今回のガイドラインをする発表まで、ゲーム実況プレイ動画の投稿者に対して『Nintendo Creators Program』を通じてその収益を実況者に60%、任天堂に40%の割合でシェアするかたちで著作物の利用を許可していました。

 今後はガイドラインに従うかぎり、任天堂は著作権侵害を主張せず、ゲーム実況プレイ動画の投稿者が100%の収益を受け取れることになります。任天堂によるゲームプレイ動画、実況プレイ動画の解禁です!