任天堂が「スマホのゲームボーイ化」を検討か。専用ケースの特許を出願

見た目は完全にゲームボーイ。米国特許商標庁に提出された資料より

 任天堂がタッチスクリーン用デバイス(スマートフォン)に、ゲームボーイ風のボタンを追加する専用ケースの特許を出願していたことがわかりました。米ブログSiliconeraが10月4日に報じました。

 このケースの特許は2018年3月16日に提出されたもので、かぎりなくゲームボーイにちかい見た目をしています。

 構造としては、内部にスマホなどの端末を収納するタイプの2つ折り手帳型ケースのようです。

米国特許商標庁に提出された資料より
米国特許商標庁に提出された資料より

 ケース外側のボタン底面には導電性シートが使用されており、ボタンを押すことでタッチスクリーンにその操作が伝わる仕組みです。この機能により、十字キーやABボタン入力による操作が可能になります。

米国特許商標庁に提出された資料より
米国特許商標庁に提出された資料より

 提出されている画像ではスマホが採用されていますが、電子機器の一例であり、「電話機能をもたないタブレット端末」なども対象とされています。

 実際にこのケースが登場するかはまだわかりませんが、任天堂がスマートフォンやNintendo Switchなどでゲームボーイのエミュレーションを検討しているのは間違いないでしょう。

10月6日20時24分修正

 当初「特許を取得」と表記していましたが、正しくは「特許を出願」でした。お詫びして訂正します。