ソニー、『プレイステーション 4 Pro』を5,000円値下げ。10月12日より

「グレイシャー・ホワイト」カラーが通常ラインナップに。SIEより

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、『プレイステーション 4 Pro(PS4 Pro)』の希望小売価格を10月12日から44,980円から39,980円に値下げすると発表しました(価格はいずれも税抜き)。

 また、あわせて2018年3月に数量限定で販売していたカラー「グレイシャー・ホワイト」を、値下げと同日より通常商品として販売するとのことです。

同容量の通常モデルと5,000円の差に

 今回の『PS4 Pro』の値下げにより、通常の『プレイステーション 4(PS4)』との価格差は500GBモデルで10,000円に、同1TBモデルで5,000円へと縮まりました。

 『PS4 Pro』のストレージ容量は1TBであり、ダウンロードソフトをメインに購入する層にとってはわずか5,000円を上乗せするだけで『PS4 Pro』が持つ4K&HDR画質の映像を楽しめるようになります。

 そしてフルHDテレビのゲームユーザーも、フレームレートが向上する「ブーストモード」や画質が向上する「スーパーサンプリングモード」の恩恵を受けることができます。

 今回の値下げは多くのゲームユーザーにとって、大きくない負担でゲームプレイ体験を今よりも充実させられる嬉しいニュースです。