ソニー、ついにユーザーの要求を受け入れる。まずは『フォートナイト』で他社ハードとのクロスプレイ対応へ

今や世界中で大人気のゲーム『フォートナイト』。EpicGamesより

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)社長兼CEOの小寺剛氏は、『PlayStation4』と他社ハードとのクロスプレイに対応していくと同社PlayStation公式ブログにて9月26日に発表しました。

 発表では、まず第一段階として人気バトルロイヤルゲーム『フォートナイト』にて、クロスプレイ機能の対応に向けてオープンベータを本日より実施。

 これまで制限されてきた任天堂の『Nintendo Switch』、マイクロソフトの『Xbox One』をふくめたWindows PC、Mac、iOS、Android間のクロスプレイ、クロスプログレッション、クロス購入に対応するとのことです。

制限によりPS4ユーザーは友達と一緒に遊べなかった

 ソニーはこれまでPS4において、PCとのクロスプレイは認めつつも任天堂の『Nintendo Switch』や、マイクロソフトの『Xbox One』といった他社ハードとのクロスプレイを認めない方針を貫いてきました。

 そのため、「PS4ユーザーがいると他社ハードユーザーが一緒に遊べない」という困った状況に。

 結果的にゲームユーザーは同じタイトルを遊んでいるのに、PS4ユーザーのみで遊ぶか、PS4ユーザー以外で遊ぶかという溝が生まれていたのです。

 また、上述した『フォートナイト』ではハード間でセーブデータを共有できる開発会社の専用アカウントにおいても、PS4とデータを共有した場合はSwitchやXboxと共有できないという縛りが存在しており、これに対してもユーザーから不満が出ていました。

 今回のソニーの発表とその対応は「他社ハード間でクロスプレイするときにPS4ユーザーだけが弾かれる」ということがなくなるため、ゲームユーザーは自分の一番好きなハードで好きなゲームを購入できるようになります。

 第一弾タイトルの『フォートナイト』での検証が進み、『ロケットリーグ』や『マインクラフト』といったほかのタイトルでのクロスプレイも解禁されることを期待したいものです。