「アップル新型iPhoneどう変わる?」発売日や価格、スペックのうわさをまとめてみた

9to5MacがリークしたiPhone Xsの写真。同サイトより

 アップルが今年発売する新型iPhoneが、9月12日午前10時(日本時間13日午前2時)から開催される「Apple Special Event」でいよいよ発表されるとみられています。

 そこで、発表会に向けてこれまでに部品の製造元や業界のアナリストから事前にリークされた、新型iPhoneについての情報やうわさをまとめてみました。

今年のiPhoneも3機種

 今年も去年と同じく3機種のiPhoneが発売されると言われています。

 液晶ディスプレイを搭載した6.1インチのiPhoneと、有機ELディスプレイを搭載した5.8インチの『iPhone Xs』、6.5インチの『iPhone Xs Max』です。

 このうち液晶ディスプレイモデルは廉価版であり、有機ELディスプレイモデルは『iPhone X』の後継だと言われています。

指紋認証がなくなり、全機種でFace ID「顔認証機能」に

 今年からiPhoneの生体認証から指紋認証がなくなり、すべての機種でFace IDを使った顔認証になると言われています。

 iOS 12からは顔認証に2つの顔を登録できるため、たとえばメガネのあり/なしや家族の顔を登録するといった使い分けができます。

カラーラインナップは液晶が5色、有機ELが3色

 新型iPhoneは液晶ディスプレイの種類によってカラーラインナップが異なると言われています。

 液晶ディスプレイモデルは『iPhone 5c』のような5色展開、有機ELディスプレイモデルは「ゴールドカラー」をふくむ3色展開です。

  • 液晶ディスプレイモデル:グレー/ホワイト/ブルー/レッド/オレンジ
  • 有機ELディスプレイモデル:シルバー/スペースグレー/ゴールド

トリプルレンズカメラは来年搭載に

 一時期、話題にあがった最上位機種にトリプルレンズカメラが搭載されるとのうわさは「ないだろう」との見通しです。

液晶ディスプレイモデルから3D Touch機能が削除

 コストダウンのため、液晶ディスプレイモデルから3D Touch機能が削除されたと言われています。

価格は液晶が78,800円、有機ELが89,800円から

 新型iPhoneの価格についての予測はアナリストによってバラバラです。

 低い予測では液晶ディスプレイモデルは600ドルから、高い予測では同849ドルからと言われています。

 こうした予測以外の情報としては、iPhoneの予約開始日をリークした独メディア「Macerkopf」が以下の価格だとリークしています。

・液晶ディスプレイモデル(6.1インチ):78,800円

・有機ELディスプレイモデル(5.8インチ):89,800円

・有機ELディスプレイモデル(6.5インチ):112,800円

 この価格は、現在販売されているの『iPhone 8』、『iPhone 8 Plus』、『iPhone X』の価格がそれぞれそのままスライドしたかたちです。

予約開始は9月14日、発売は9月21日

 発表会の日程から、新型iPhoneの予約開始日は9月14日、発売日は9月21日だと推測されています。

9月に発売されるのは有機ELディスプレイモデルだけ

 ただし、9月21日に発売されるのは有機ELディスプレイモデルだけと言われています。

 液晶ディスプレイモデルについてはさまざまなところから製造トラブルの情報が流れており、こちらの発売は11月にずれ込むとの見通しです。

新型iPhoneの予測スペック表

 最後に新型iPhoneの予測スペック表を掲載します。

新型iPhoneの予測スペック表。筆者作成
新型iPhoneの予測スペック表。筆者作成

 ここまでに紹介したうわさの答え合わせは日本時間13日午前2時から始まります。iPhoneユーザーの方は楽しみに待ちましょう!