iPhoneのSiriにバグ。ロック状態でも非表示にしているメッセージを読み上げ

iPhone Xではメッセージのプレビューがオフになる。筆者キャプチャ

 iPhoneに届いたメッセージをロック画面で非表示にする設定にしていても、Siriを経由するとそのメッセージが読み上げられてしまうバグがあるとブラジルのメディア『Mac Magazine』が報告しています。

 iPhoneではiOS 11から届いたメッセージをロック画面で非表示にする(プレビューをオフにする)設定ができ、ロック解除時に顔認証を使って画面を見る『iPhone X(テン)』ではデフォルトで非表示に設定されています。

 この設定でプレビューをオフにすると通知が届いても画面にメッセージの送り主や内容は表示されず、「○件の通知」や「○件のメッセージ」といったかたちで隠されます。

しかし、この状態でSiriに対して「Hey Siri、通知を読み上げて」と話しかけると、Siriはメッセージの内容はもちろん、誰からメッセージが送られてきたのかも喋ってしまうのです。

誰からどんな内容のメッセージが届いたのか喋るSiri。筆者キャプチャ
誰からどんな内容のメッセージが届いたのか喋るSiri。筆者キャプチャ

  実際に試してみたところ、Siriはペラペラと喋りました。

 Mac Magazineでは「Appleの『Messages』アプリだけはiPhoneのロックが解除されている場合のみ読み上げる」と伝えていますが、筆者の環境ではこちらもペラペラと喋りました。

何でも頼んだら喋ってくれるSiriちゃん。筆者キャプチャ
何でも頼んだら喋ってくれるSiriちゃん。筆者キャプチャ

 なお、このバグはすでにAppleに対して報告されているそうですが、現行のiOS 11.2.6のほか、開発者向けにベータテスト中のiOS 11.3でもバグを確認できているとのことです。

 今回のSiriのバグは「ロック中にSiriを許可」の設定をオフにすることで防げます。しかし、その場合はiPhone Xでは画面を見ないとロックを解除できないため、移動中に通知の内容を確認することが難しくなる点に注意してください。

iPhoneの設定アプリの「通知」や「Siri」から設定できる。筆者キャプチャ
iPhoneの設定アプリの「通知」や「Siri」から設定できる。筆者キャプチャ

3月24日9時15分追記

 その後の報道で、Appleはこの問題に対応することを発表しました。