お気に入りのiPhoneアプリが使えなくなる?iOSの32bitサポート終了が近づく

(写真:ロイター/アフロ)

 新型iPhoneの発売が迫ってきており、無線充電やフルディスプレイ化など様々な新機能の情報が出てきています。しかしその一方で、なくなってしまう機能もあります。

 それが32bitアプリのサポート終了です。

 32bitアプリを簡単に説明するといわゆる「古いアプリ」のことで、64bitアプリと比べて情報を処理できる量と時間で劣ります。

 Appleは『iPhone 5s(2013年発売)』から64bit対応を進めてきており、今年の新型iPhoneの発売を機に性能の劣る「古いアプリ」をApp Storeから一掃しようとしているわけです。

 実際、新型iPhoneに搭載される予定の『iOS 11』の開発版ではすでに32bitアプリは動作しなくなっており、Appleからも開発者に向けて公式にサポートしないことが告知されています。

旧iPhoneでも古いアプリが動かなくなる

 この32bitアプリのサポート終了の一番の問題は、iOSのアップデートによって適用されるため『iPhone 7』以前の旧iPhoneもその対象になってしまうということです。

筆者のiPhoneに入っている「古いアプリ」。動かなくなるのはゲームが多いがツール系もそこそこ
筆者のiPhoneに入っている「古いアプリ」。動かなくなるのはゲームが多いがツール系もそこそこ

 どのアプリが使えなくなるかはiPhoneの【設定】→【一般】→【情報】→【App】からその互換性を調べられます。ここに自分が愛用しているアプリが載っている場合、開発者がアプリのアップデートしないかぎり動かなくなります。

 もちろんiOSをアップデートしなければ32bitアプリはそのまま使えますが、メジャーアップデートは機能追加だけではなく脆弱性の修正も含まれているため、アプリを使い続けるためにOSを更新しない選択はあまりオススメできません。

 新しいiOSのリリース日はまだ分かっていませんが、新iPhoneが発売されるとみられている今年9月にはやってくることが予想されます。そのときに「いつも使っているアプリが動かなくなった!」と困らないよう、今のうちに代替アプリを探しておくことをオススメします。