iPhone 6sが突然シャットダウンする問題、iOS 10.2.1で多くが解決したとの発表

(写真:ロイター/アフロ)

昨年末に交換プログラムが発表された「iPhone 6sが突然シャットダウンする問題」について、Appleが最新のOS『iOS 10.2.1』にてその問題の多くが解決したとの発表を行いました。

Appleは海外メディア『TechCrunch』へコメントを送り、そのなかで「iOS 10.2.1はiOS端末の50%以上にインストールされており、これらのユーザーの診断データによるとシャットダウン問題が起きたiPhone 6sで80%以上、iPhone 6では70%以上の端末で突然のシャットダウンが減少していることがわかった」と語っています。

Apple says iOS 10.2.1 has reduced unexpected iPhone 6s shutdown issues by 80% | TechCrunch

突然シャットダウンする問題に悩まされており、まだiOS 10.2.1をインストールされていないiPhoneユーザーはアップデードを行うと良いでしょう。

ただしバッテリーは劣化したまま

とは言え、これによりバッテリー問題が全て解決したわけではありません。

iOSの修正により電源が突然シャットダウンする問題の多くは解決したとしても、問題が起きる原因は製造時にバッテリーが空気に必要以上に長い時間さらされたことであると分かっており、iOSのアップデードを行ってもバッテリーの劣化は修正されません。

突然のシャットダウンに悩まされている方は、該当機種かどうかの確認を行ってから交換プログラムに申し込むことをオススメします。

iPhone 6sが突然シャットダウンする問題、シリアル番号で該当機種か確認できるように(篠原修司) - 個人 - Yahoo!ニュース