iPhone 7、バッテリー持ちテストで最下位に

(写真:ロイター/アフロ)

イギリスの消費者団体による雑誌『Which?』が、人気の最新スマートフォン『iPhone 7』とそのライバル製品のバッテリー(電池)持ちを比較したテスト結果を公開しました。

The iPhone 7 finishes last in our battery life tests - Which? Tech Daily

テストはiPhone 7と3社のAndroidスマートフォン(『HTC 10』、『LG G5』、『Samsung Galaxy S7』)を対象に行われ、それぞれ通話時とインターネット利用時の連続稼動時間が調査されました。

その結果、どちらのテストでも「iPhone 7が最下位になった」とWhich?は発表しています。

Which?が発表したテスト結果。Which?のブログより
Which?が発表したテスト結果。Which?のブログより

上記のインフォグラフィックスを見れば丸わかりですが、まず、通話テストではHTC 10が1,859分で1位に。2位にはLG G5が1,579分、3位にSamsung Galaxy S7が1,492分と続きます。そして最下位のiPhone 7は712分と、Samsung Galaxy S7の半分以下という結果です。

続いてインターネット利用時ですが、こちらは1位がHTC 10の790分、2位がSamsung Galaxy S7の677分、3位がLG G5の640分、そして4位がiPhone 7の615分となりました。

通話テストと比べると健闘していると言えますが、いずれにせよ最下位であることに変わりはありません。

バッテリーの少なさが原因

なぜ、iPhone 7だけここまでバッテリー持ちが悪いのでしょうか?

その原因は、単純にバッテリー容量の少なさにあります。

iPhone 7は1,960mAhのバッテリーを搭載しています。しかし、この数字は1位のHTC 10(3,000mAh)の3分の2以下でしかありません。

これは、iPhone 7はスマートフォン本体のサイズが小さく、他社のように大容量のバッテリーを搭載することができないためです。サイズの大きいiPhone 7 Plusの方は、2,900mAhのバッテリーを搭載しています。

スマートフォンのバッテリー容量とディスプレイサイズ

  • HTC 10:3,000mAh(5.2インチ)
  • LG G5:2,800mAh(5.3インチ)
  • Samsung Galaxy S7:3,600mAh(5.5インチ)
  • iPhone 7:1,960mAh(4.7インチ)

鍵をにぎるのは次期iPhoneの厚み

それでは、iPhoneはこのままバッテリー容量が少ないままなのでしょうか? 問題を解決するのは、スマホの厚みだと私は考えています。

iPhoneにはiPhone SE・iPhone 7 Plusと、小さなもの・大きなものがすでに存在します。つまり、ディスプレイサイズを変更してバッテリー容量を調整するのはあまり考えられません。

一方、厚みを増やす方向であればディスプレイサイズを変更することなくバッテリー容量を増やせます。

もちろん、こう考えるのは理由があります。

Appleは当初、iPhone 7を前モデルのiPhone 6sよりも薄くするという話でした。イヤホンジャックをなくしたことが、それを可能にさせたと聞きます。

しかし、実際は大きさを変えず、その分バッテリー容量を増やす方向に舵を切りました。

次期iPhoneは、デザインを大きく変えてくると予想されています。その際、今よりも少し厚みを増やし、その分をバッテリーに回す――というのは十分考えられます。

もちろん実際にどうなるかは分かりませんが、ガーディアン紙などは「iPhone 7は6sよりもバッテリーが持たない」と書いており、Appleがバッテリー容量の少なさの解決に力を入れてくるのはほぼ確実でしょう。