iPhone 7の新しいイヤホンに操作できなくなるバグ。Appleは「修正する」と回答

(写真:ロイター/アフロ)

『iPhone 7』と『iPhone 7 Plus』に同梱されているイヤホン『Earpods with Lightning Connector』に、リモコンが操作できなくなるバグが起きると米メディア『Business Insider』が報じています。

Apple Lighning EarPods volume bug to be fixed in update - Business Insider

問題のバグはリモコンからボリュームのコントロール、Siriの呼び出し、電話への応答ができなくなるというもので、常に起きるわけではないものの何度も発生しているとのことです。

Business Insiderでは「Lightning- 3.5mmアダプタでも起きるのかは分からない」としていますが、米メディア『MacRumors』は「Lightningアダプタを利用して起きた」と報じており、Lightningアダプタに何らかの問題があると考えられます。

Apple Preparing Fix for Glitch Causing Lightning EarPods Remote to Stop Working - Mac Rumors

このバグについてAppleの広報担当者は、「今後のソフトウェアアップデートで修正する」とBusiness Insiderに対して回答しており、問題そのものは認識されている模様です。

なお、バグが起きた場合の対処法についてですが、イヤホンを一度Lightningから抜き、もう一度挿し直すことで(次に発生するまで一時的に)解消されるとのことです。

9月28日10時50分追記

iOS 10.0.2で修正されました。

ダウンロード - iOS 10.0 - 10.0.2