iPhone、『iOS 10』対応端末を発表。ついに『iPhone 4S』が非サポートに(追記あり)

発表されたiOS 10対応端末。Apple公式サイトより

今年秋にリリース予定のiPhone・iPad向けの新しいOS『iOS 10』の対応端末をAppleが発表しました。ついに、『iPhone 4S』が非サポートになります。

iOS 10に対応する端末は、iPhoneシリーズが5から6sまで、iPadシリーズが第4世代からProまで、miniが2から4まで、iPodシリーズが第6世代のみとなっています。

iPhoneの対応デバイス

  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 5s
  • iPhone 5c
  • iPhone 5

iPadの対応デバイス

  • iPad Pro 12.9-inch
  • iPad Pro 9.7-inch
  • iPad Air 2
  • iPad Air
  • iPad 4th generation
  • iPad mini 4
  • iPad mini 3
  • iPad mini 2

iPodの対応デバイス

  • iPod touch 6th generation

5年前のiPhone 4Sはもうムリ

冒頭でも述べましたが、2011年に発売されたiPhone 4SはiOS 10からは非サポート端末になります。

iOS 9時代もメモリが足りずかなりモッサリとした動作をしており、アプリの強制終了も多かった端末なだけに、AppleもさすがにiOS 10でのサポートはできないといったところでしょうか。

液晶画面の小さい端末を使い続けたい人は、性能面でもセキュリティ面でも今年からは『iPhone SE』への乗り換えが必要です。

追記(6月14日14時23分)

当初「『iPhone 4S』を切り捨て」と表現しておりましたが、ネガティブな表現であるとの指摘を受けたため「『iPhone 4S』を非サポート」という表現に差し替えました。「非サポートを伝える」ための記事で、ご不快な思いをさせるのは本意ではありません。誠に申し訳ありませんでした。

また、4Sの液晶サイズが小さい点を考えて現行の最小サイズである「4インチサイズの小さい端末を使い続けたい人は~」と案内しておりましたが、4Sの液晶サイズは3.5インチであり、表現と合わないためこちらも「液晶画面の小さい」に統一致しました。