Apple、iPhoneアプリの値上げを開始。開発者は85円と100円のレートから選択可能

27日に登場した価格が100円のiPhoneアプリ。筆者キャプチャ

アベノミクスによる円安効果を受けてか、ついにAppleがiTunes App StoreのiPhone・iPadアプリの値上げを開始しました。

新しく設定されたレートは“0.99ドル=100円”。ただし、2011年7月14日に行われたときのような一律の価格改定ではなく、今回の値上げは開発者が新しいレートを選択できるようになっています。

前回の価格改定時は、事前連絡もなく突然のことだったためアプリメーカーは急遽(きゅうきょ)対応に追われましたが、今回は変更する・しないの自由が与えられたため前回のような混乱は起きないものと思われます。

すでに、日本のApp Storeには100円のアプリが登場しています(上記画像)。

iTunes App Storeで見つかる 統計天気~過去から導く未来の天気~(2013年6月29日)

また、日本のメーカーだけではなく、海外のメーカーにもアプリの値上げを行っているところがあります。

海外のゲームメーカー、Chillingoのアプリ。価格が100円になっている
海外のゲームメーカー、Chillingoのアプリ。価格が100円になっている

iTunes App Storeで見つかる Bridgy Jones(2013年6月29日)

今後は値上げ後のレートを採用するアプリが増えてくることでしょう。

欲しいアプリがある人は今のうちに買っておくとあとあと後悔しなくてすみそうですよ。