元体操五輪選手・岡崎聡子さんの薬物逮捕後の近況と報道する人たちへの提案

岡崎聡子さんからのごく最近の手紙

 6月19日、元オリンピック体操選手の岡崎聡子さんが薬物で逮捕されていたとの報道が、一斉に始まった。私は先月から何度も接見しているのだが、今回、マスコミが報道していないのを逆に奇妙に感じていた。警察がリークしない限り、なかなかマスコミは把握できないものだという感想もさることながら、一社が報じたとたんに一斉に横並び報道が始まるという、このいつもの構図にも疑問を感じないわけにはいかない。恐らく多くの人は、岡崎さんが最近逮捕されたのだと勘違いしているだろう。

 逮捕されたのはゴールデンウイークの頃で、私は連休明けの5月上旬に最初に接見し、以降も接見や手紙のやりとりを行っている。今回やりとりを重ねたのは、彼女がかなり重たい薬物依存である上に年齢も50代後半だから、やらねばならないことが多かったからだ。もう今回がラストチャンスだと思ったし、幸い今回は本人自身も治療に本格的に取り組みたいと言っている。

 以前もヤフーニュースに書いたが、彼女は前の事件で逮捕された後、実は相次いで両親が亡くなった。愛する父親が亡くなり、母親もとあって、岡崎さんは母親が危篤の時に、何とか仮釈放で最期の見舞いに行けないかと真剣に相談してきた。私もいろいろ手を尽くして、ある治療施設の人に福島刑務所まで行ってもらったのだが、その人が接見後、報告の電話をしてきて、何とのその2~3日前に母親が亡くなったと本人に聞かされたと言われた。私は一瞬、それを聞いて絶句した。

 親の死に目にも会えなかったことは、本人にも大きなショックだったろうことは間違いない。だから前刑での出所前後にも、本格的な治療をしないといけないと言ってきた。でも薬物依存者について多少知っている人ならわかるだろうが、逮捕といった機会がないと、治療施設に入ってまで治療に取り組むということにはなかなかならないのが薬物依存者の現実だ。

 岡崎さんは2年おきくらいのペースで塀の中と外を行き来している人生を続けており、そのまま一生を終えてしまうのはあまりにしのびない。だから、今回の逮捕を機に、私は強く彼女を説得することにした。

 マスコミが騒いでいないことは、そうした手続きには好都合だったのだが、報道が始まったことで今後は状況が変わる。まもなく公判も始まる時期で、裁判で自分の今後の人生や更生についてどう表明するか問われるのを機に、彼女にも自分の人生について考えてほしいと思っている。

 彼女くらい重たい依存症になると、そこから抜け出すといっても簡単ではない。そもそも刑を終えて出所しても、行き場所がない。今までは親が健在だったから、何となく拠り所にはなっていたと思うが、今はまず生活していくだけでも大変な状況だ。そんななかでどうやって依存症の治療を行っていくのか。これは簡単ではない。

 恐らく薬物依存から脱することができないまま人生を終えてしまう人は世の中には相当数いるのだろうと思う。でもそういう重症の人をどうするのかという問題を社会として考えていかない限り、薬物依存という社会的病理を克服することはできないと思う。

 三田佳子さんの息子とも今なお私はやりとりしているが、マスコミが親バカと罵ろうと、三田さん夫妻が見捨てていないということが、祐也君の更生に大きな意味を持っていることは間違いない。その点、岡崎さんの場合はどうすればよいのか。これまで何人かの薬物依存の問題に関わってきた私にとっても、彼女の状況は深刻に考えざるをえない。

 だから、以前からの主張を繰り返すが、もしマスコミ報道でこの件を取り上げるところがあるなら、薬物依存についてどう考え、社会がどう取り組むべきなのか、社会に問題を投げかけるような取り上げ方をしてほしい。逮捕を繰り返す元有名人の転落人生といったスキャンダル報道だけに終わらせてしまうなら、それは家族を含む関係者を傷つけ、社会的偏見を増すだけだと思う。

 冒頭に最近届いた彼女の手紙を掲げた。ネットニュースの場合、何か写真がないとまずいからという理由からで、私信をこんなふうに扱うこと自体、私の本意でないことも書いておきたい。この件については、可能な限り、ヤフーニュースで続報を伝えていくことにしようと思う。