マスク姿でピッチに登場もあるか…Kリーグの開幕が決定。その中身とは?

(写真提供=FA photos)

韓国のプロサッカーリーグであるKリーグがついに開幕する。

韓国プロサッカー連盟は先ほど理事会を開き、2020年シーズンの開幕を5月8日にすると発表した。

Kリーグの開幕は3月1日を予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて2月24日に緊急理事会を開いて延期に。

異様な光景でもあった練習試合

当初は2~3週間程度で早くて3月中、遅くても4月4日・5日には開幕したいと踏んでいたが、国内感染者の急増や韓国政府が防疫対策のために実施した社会的距離(ソーシャルディスタンス)確保のために3月30日には無期限延期が決まり、韓国プロサッカー連盟は各クラブに他クラブとの練習試合も禁止要請するなどしていた。

だが、4月19日に政府が発表した社会的距離の緩和(4月20日~5月5日)により、4月21日から練習試合の実施を解禁に。メディア取材も許可が下りて練習試合には70名を超える記者たちがかけつけた。

取材した『スポーツソウル』サッカー班によると、審判だけではなく選手たちがマスク姿に手袋で入場するという異例の光景や、サポーターらがスタジアム入口に集まるちょっとした騒動も見られたという。

(参考記事:【現地発】Kリーグで約1カ月ぶりに親善試合開催!“最小限の接触”で行われたその模様は?)

この練習試合解禁によって一気に開幕への機運が高まり今日の理事会決定に至ったわけだが、注目の開幕日は当初噂されていた5月9日(土曜日)ではなく、5月8日(金曜日)のナイトゲームになった。

一日早く前倒ししたのは、Kリーグの前身であるスーパーリーグ元年の開幕が1983年5月8日であったこともあり、歴史的な意味合いも持たせたという。

日本人Kリーガー邦本も開幕カードに出場か

開幕カードは前年度王者の全北現代(チョンプク・ヒョンデ)対水原三星(スウォン・サムスン)。全北現代は目下Kリーグ3連覇中の絶対王者であり、水原三星は1990年代後半から2000年代に隆盛を誇った名門。新旧常勝軍団の対決だけに注目を集めるだろう。

全北現代には日本人Kリーガーの邦本宜裕も所属するだけに、邦本が出場すれば日本でも話題になりそうだ。

ただ、試合は無観客試合で行われる。開幕カードだけではなく、5月9日と10日にも開かれるその他の試合など、当分の間は無観客試合でリーグ戦を行なう。

気になる今季のリーグ戦開催方式だが、開幕が2ヵ月以上遅れたこともあって当初よりも短縮される。

Kリーグは2014年からスプリット・システム(ホーム&アウェイ総当りの1次リーグを終えたあと、その上位6チームの下位6チームによる順位決定ラウンドを行う)で行われているが、1部リーグのKリーグ1は今季、既存の38ラウンド(レギュラーラウンド33試合+スプリットラウンド5試合)ではなく、27ラウンド (レギュラーラウンド22試合+スプリットラウンド5試合)で行われる。

2部リーグのKリーグ2はスプリット・システムではなく、27ラウンドで行われる。

昇格・降格はまず、尚州(サンジュ)市とのホームタウン協約が満了する軍隊チームの尚州尚武(サンジュ・サンム)次第になる。

尚州が新たに市民クラブを立ち上げ、尚武が新たなホームタウンを見つけてKリーグ参戦続行の意思を示した場合、2チームとも規定により2部降格になる。。

そのため、尚州尚武がKリーグ1で最下位に終わった場合、Kリーグ2の優勝クラブが自動昇格。Kリーグ1の11位がKリーグ2のプレーオフ勝者と昇降格プレーオフを行なってもう一枠を決める。。

尚州尚武がKリーグ1最下位ではなかった場合は、尚州と尚州を除いたKリーグ1の最下位が降格。逆に昇格はKリーグ2の優勝チームと、Kリーグ2プレーオフ勝者が来季からKリーグ1になる。

韓国国内でふたたび新型コロナウイルスの感染が急増したり、万が一、Kリーグの現場から感染者が出た場合についての対策マニュアルも用意した。

新規感染者が増えた場合、リーグ中断も

開幕後、選手や関係者の中で陽性確定者が発生した場合、当該チームはもちろん、そのチームと対戦した相手チームも2週間、活動を中止する。また、陽性確診者の濃厚接触した人の数が一定基準を超えた場合、リーグ中断の決定も下される。

いずれにしても、日本のJリーグをはじめ、世界各国のリーグが中断・延期している中で再開が決まったKリーグ。新型コロナウイルスの感染状況が収束に向かい始めている韓国で、プロ野球に続きプロサッカーも始まることは、明るいニュースになりそうだ。