『パラサイト』美人奥さまを演じたチョ・ヨジョンはどんな女優なのか

(C)CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A

アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞の4冠に輝いたこともあって、日本でも話題の映画『パラサイト 半地下の家族』。

アカデミー効果もあってか先週の映画興行ランキング(興行通信社調べ)では堂々の1位に輝いた。

「見ているだけで清らかな人」

各種メディアでは韓国の半地下事情はもちろん、ポン・ジュノ監督の功績や主演俳優ソン・ガンホとの関係など映画にまつわる様々な事柄が紹介されているが、意外と話題になっているのがチョ・ヨジョンらしい。筆者のもとに週刊誌編集部から問い合わせがあるほどだ。

劇中でIT企業を営むパク・ドンイク社長の妻パク・ヨンギョンを演じたチョ・ヨジョンは、美しく上品であるがどこか能天気で“純真セレブ奥さま”だった。

ポン・ジュノ監督は「見ているだけで清らかな人だと思った」とそのキャスティング理由を語っていたが、チョ・ヨジョンは高校時代からモデル活動をしていた美貌の持ち主。なんでも学生時代は男性生徒からの告白が絶えなかったほどだったということを過去に出演したテレビ番組でも明かしている。

(参考記事:映画『パラサイト』の美人奥様女優、高校の卒業写真も美しかった!!)

女優としてデビューしたのは1999年。19歳の頃からだ。以降、数多くのドラマに出演したが、同世代で同じ頃に芸能界デビューしたソン・ヘギョ、チョン・ジヒョンに比べるとヒット作に恵まれなかった。

濡れ場も辞さないプロフェッショナル

そんな彼女が女優として初タイトルを得たのが2010年の主演した映画『春香秘伝 The Sevant』だった。

韓国の古典『春香伝(チュニャンジョン)』を再解釈した時代劇作品で、大胆な露出も披露して“韓国のアカデミー賞”と称される青龍映画賞で人気スター賞にも輝いた。

さらにその2年後に主演した映画『後宮の秘密』でも大胆な濡れ場も披露。映画がエロチック宮中史劇とジャンル分けされたことから “エロチック史劇の女神”と呼ばれた時期もあったが、本人は至ってプロフェッショナルだった。

当時のインタビュー記事では「話題作りのための露出ではなく、物語の構成上、露出やベッドシーンが必要だと感じたので演じたのみ」と語り、「“脱いだ”ということばかり焦点を合わせた偏向報道はやめてほしい」とメディアに釘を刺していることもあったほどだ。

その後はドラマと映画の両方でコンスタントに活動しながら実績を積み、2014年にソン・スンホンと共演した映画『情愛中毒』で3つの映画賞で助演女優賞を受賞している。

『パラサイト』は『情愛中毒』以来4年半ぶりの映画で、前述した青龍映画賞では主演女優賞にノミネート。チョン・ドヨン、キム・ヘスといった実力派女優たちと競り勝って、見事、生涯初の主演女優賞に輝いた。

タランティーノも関心。その素顔は?

一昨日韓国に凱旋して記者会見したポン・ジュノ監督によると、「クエンティン・タランティーノ監督も、パク社長の妻ヨンギョを演じたチョ・ヨジョンさんの演技を一日中考えたという。演技とキャラクターが印象的だったと語っていた」というのだから、チョ・ヨジョンの魅力に引きつけられたのは日本のオジサマたちだけではなさそうだ。

 写真/ 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED
写真/ 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

ちなみにまだ独身で熱愛報道が出たことはほとんどない。2017年に主演したドラマ『完璧な妻』放映時のインタビューでは、「結婚する気はありません。寂しがり屋の性格でもなく、ひとりで過ごすのが好き」と明かしたこともある。

登山や現代舞踊など体を動かすのが趣味で、若い頃は共演したソン・イルグク(ドラマ『朱蒙』の主人公)の勧めでトライアスロンにも挑戦したことがあるらしい。

また、2012年から数年間は百済(ペクチェ)芸術大学校の放送演芸科の講師も務め、後進の育成にも取り組んでいる。

その教え子のひとりで若手俳優のキム・ドゴンは『スポーツソウル』とのインタビューで教授チョ・ヨジョンについてこう話している。

「演技を教えてくださるときは本当に冷徹。ただ、励ましや慰めの言葉はいつも温かい。自分の演技にもとても厳しく、撮影に臨むにあたっては自分だけの確固たる哲学を持って取り組む役者中の役者という方です」と。

いずれにしても、『パラサイト』のアカデミー賞受賞によってその顔と名前が広く知られるようになったチョ・ヨジョン。昨年12月から韓国のKBSで放映されていた主演ドラマ『99億の女』も今年1月で終わり、現在は新作物色段階にあるそうだが、次回作は多くの映画ファンたちの注目を集めそうだ。