『冬ソナ』韓流ブームから15年…専門家に聞く「韓国ドラマ」の現在とその“チカラ”とは?

『冬のソナタ』で主演を務めたペ・ヨンジュンとチェ・ジウ(写真:アフロ)

NHK総合で約1年にわたって放送された『オクニョ 運命の女(ひと)』が、4月28日に最終回を迎えた。

だが『オクニョ』に限らず、日本では現在、毎日のように韓国ドラマを視聴することができることをご存知だろうか。BS放送を中心に、毎日15タイトル前後の韓ドラが放送されているという。

現在、 世界9000万人ともいわれる“韓流人口”だが、振り返れば、日本でいわゆる“韓流ブーム”の始まりとなったコンテンツは、韓国ドラマといえるだろう。

今現在はK-POPの勢いがすごいが、韓流の専門家100人の分析でも、韓国ドラマを「活発なコンテンツ」とした専門家が73人に上ったほどだ。

韓流専門家も認める韓国ドラマ

今から15年前の2004年4月、『冬のソナタ』がNHK総合テレビで放送されると、日本の中年女性たちを中心に韓ドラブームが訪れた。同作主演のペ・ヨンジュンが初来日したときは、羽田空港に5000人のファンが押し寄せた話も有名だ。“韓流四天王”などの言葉が生まれたのも、ちょうどその頃だ。

(参考記事:“韓国のキムタク”韓流四天王のウォンビンの近況キャッチ!!「まったく老けていない!!」の声)

『冬のソナタ』をきっかけに、日本のテレビ局もこぞって韓国ドラマを求めるようになった。韓国文化観光部の「放送番組輸出入統計」などを見ると、放送番組の輸出額は2003年の4216万ドル、2004年の7146万ドルから、2005年に1億2349万ドルと急上昇している。その後も2006年1億4774万ドル、2007年1億6258万ドルと続いた。

その大きな要因は、日本で韓国ドラマブームが起きたからに他ならない。

そんな韓国ドラマを日本に初めて本格的に輸入したパイオニアが、コンテンツセブン代表取締役の成七龍さんだ。コンテンツセブンは、韓国のテレビ局からドラマの版権を買い付けて日本のテレビ局へ販売し、DVDの制作や発売を行っている。

成七龍さんは在日コリアンとして生まれ、さまざまな職業を転々としながらドラマ『ホジュン-宮廷医官への道』と出会い、「この作品を日本の人に知ってほしい」との思いで2000年に同社を設立した。日本で巻き起こった韓国ドラマブームの前と後、そして現在を知る人物だ。

「初めに起きた『冬のソナタ』ブームの中心にいたのは、子育てが一段落した年配の主婦の方々。やっと自分に時間とお金を使えるようになったタイミングで、テレビに王子様が現れたわけですよ。それで熱狂してしまった(笑)。

日本における韓国ドラマブームは、最初にその層に響いたことが大きかったと思います。若い世代の場合、生活の変化によって趣味から離れてしまうことがありますが、時間に余裕のある年配層は違います。韓国ドラマが生活に根付いた。だから韓国ドラマが長く愛されているのだと考えています」

『冬のソナタ』で韓国ドラマに触れた日本の主婦層やテレビ局は、貪欲に韓国ドラマを求めていく。2004~2006年頃だ。それから 『宮(クン)~Love in palace~』『コーヒープリンス1号店』『花より男子~Boys Over Flowers』といったラブコメも日本に上陸した。

(参考記事:日本で人気を呼んだ韓流ドラマの変遷は?【日本の中の韓流、15年目の現在地】)

「女性が夢中になれるドラマですよね。特に2010年に日本で放送された『美男ですね』は、日本人男性が絶対に言わないセリフと、ツンデレ・キャラをチャン・グンソクが見事に演じて、大きな話題になりました。それは日本人女性が初めて知る男性像であり、“こんな男性、見たことがない”という衝撃を与え、“胸キュン”を楽しみたい30代女性にまで韓国ドラマが浸透したんです。

また最近は、軍人や医者、司祭といった職業ジャンルモノが増えた 。これまでのように“オッパ”が登場しない韓国ドラマも日本に入っていますよ」

(参考記事:世界の韓流ファンたちが選定した人気ドラマ・ベスト5は?

版権料は5~10倍に!?

日本で韓国ドラマの需要が高まるなか、版権料も上昇したという。成七龍さんは「私が輸入を始めた当時と比べると、5~10倍に上がっています。ラブコメや時代劇の場合、10倍以上という作品もあります」と話す。

韓国国際交流振興院が世界16カ国の韓流コンテンツ経験者7500人を対象にしたアンケート調査「韓流スターランキング」でもさまざまな人気俳優の名前が挙がったが、ドラマの版権料は主演俳優によっても変わるそうだ。

成七龍さん(撮影協力:スポーツソウル)
成七龍さん(撮影協力:スポーツソウル)

『冬のソナタ』から15年経った現在、日本における韓国ドラマは「ブーム」ではなく、ひとつの「ジャンル」として定着したといえるだろう。日本では以前からアメリカのドラマなどが「海外ドラマ」というジャンルを形成していたが、韓ドラはその「海外ドラマ」枠に含まれず、独自のジャンル「韓国ドラマ」と分けられている。

テレビではBS局を中心に、毎日15タイトル前後の韓国ドラマが放送されており、一日中無料で韓国ドラマに接することができる。有料のCSチャンネルでは、韓国専門チャンネルや韓国ドラマをメインとしたチャンネルが10局近くある。

「特に有料のCSチャンネルにとって、韓国ドラマはなくてはならないジャンル。もし韓国ドラマがなくなったら、“何で番組表を埋めればいいの?”と困ってしまうと思います。そのくらい視聴者を魅了して取り込める代わりのものがない。その枠にアメリカのドラマを入れても、中国ドラマでは弱いのかもしれませんね」