フィギュアGPファイナルで“羽生越え”を期待される韓国17歳は宇野の対抗馬になれるか

GPシリーズ・フィンランド大会での羽生とチャ・ジュンファン(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ上位6人で争われるファイナルが、昨日7日にカナダ・バンクーバーで開幕した。

男子シングルには、日本から宇野昌磨が出場している。羽生結弦は右足首の負傷により欠場したが、今年2月の平昌五輪で羽生とワンツーフィニッシュを果たした宇野には期待が寄せられている。

韓国でも宇野の注目度は高い。

もともと宇野と羽生は韓国でも人気が高く、平昌五輪でも関心を集めていたが、今回のGPファイナルでも優勝候補の筆頭に挙げられている。

(参考記事:韓国紙が撮った羽生結弦と宇野昌磨。その美しき瞬間を振り返る【PHOTO】

ただ、韓国で彼らふたりよりも注目を集めているのはチャ・ジュンファンだ。

チャ・ジュンファンは、今季GPの第2戦スケートカナダと第3戦スケートアメリカで銅メダルを獲得し、ポイントランキング6位(羽生が欠場のため5位に繰り上げ)でファイナル進出を決めた17歳。

韓国フィギュア選手がGPファイナルに出場するのは、2009年に女子シングルに出場したキム・ヨナ以来9年ぶりのことであり、男子選手としては史上初めてのことでもあるのだ。

今季シニアデビューし“小さなヨナ”と呼ばれて期待された女子のイム・ウンスが、第5戦ロシア大会で銅メダルを獲得しながらファイナル進出を逃したなか、韓国から唯一出場を決めたチャ・ジュンファンにはメディアもファンも大きな関心を寄せている。

もっとも、韓国ではチャ・ジュンファンがもともと人気者だったのも事実だろう。

「羽生に似ている」と評価

ジュニア時代には韓国男子選手として史上初めてジュニアグランプリ(GP)ファイナルで銅メダルに輝くなど、早くから才能を発揮。

昨季シニアデビューすると、平昌五輪の代表枠(韓国は1枠)を先輩スケーターたちを抑えて勝ち取り、五輪では韓国男子歴代最高成績となる15位に入って注目を集めた。

しかも、彼を教えるのは羽生結弦を指導するブライアン・オーサー氏だ。かつてキム・ヨナを金メダリストに導いた指導者だけに話題性も十分で、オーサーコーチが「チャ・ジュンファンは羽生に似ている」と語ったことも期待感を高めている。

(参考記事:羽生結弦の師オーサーが韓国チャ・ジュンファンを「羽生に似ている」と評価したワケ

そこに子役出身の甘いマスクも相まって、チャ・ジュンファンの人気は高まるばかりなのだ。

そんな期待の星がGPファイナル進出の快挙を果たしたのだから、韓国フィギュアファンが期待を寄せるのも当然だろう。

“羽生越え”なるか

チャ・ジュンファンがメダルを獲得する可能性があると予想するメディアも多い。

今大会の出場者のなかでは最年少だが、開幕前には「弱点と指摘される芸術性を補完できれば、メダルは十分に狙える」(『イーデイリー』)と報じられていた。

『ノーカットニュース』などは、「“同じ17歳”チャ・ジュンファン、7年前の羽生結弦を超えられるか」と、チャ・ジュンファンの“羽生越え”に期待しているほどだ。

羽生は7年前の2011年、初出場したGPファイナルで4位に入った。羽生は当時17歳。現在のチャ・ジュンファンと同じ年齢だった。

記事はその共通点に着目し、「もしもチャ・ジュンファンがメダルを獲得すれば、羽生も成し遂げられなかったことを果たすことになる」と伝えている。

(参考記事:「羽生と似ている」美少年選手チャ・ジュンファンに韓国フィギュア・ファンが期待する理由

「ネイサン・チェンと宇野昌磨が優勝を争うと見られるため、チャ・ジュンファンは他の3人を上回ればいい。クリーンな演技を見せればメダルも不可能ではない」と胸を膨らませている。

昨日行われたショートプログラム(SP)では89.07点で4位。首位のネイサン・チェン(92.99点)とは3.92点、2位の宇野昌磨(91.67点)とは2.6点の差を付けられたが、3位のミハル・ブレジナ(89.21)との差は0.14点だ。今日のフリーの結果次第では表彰台に上る可能性も十分にあるだろう。

韓国メディアも「チャ・ジュンファン、GPファイナルSP4位…韓国男子初のメダルが見える」(『NEWSIS』)と期待している。

はたして、チャ・ジュンファンは初出場のGPファイナルで結果を残すことができるか。韓国では“羽生越え”を期待されている彼の滑りにも注目したい。