女子高生アイドルも日本で有名な“悪名高き人物”と同じで苦悩…韓国の「同姓同名」事情

2年前に女子高生たちも朴前大統領退陣要求デモを実施したほどだった(写真:Lee Jae-Won/アフロ)

先週、韓国のとある女性新人アイドルが話題となった。

渦中の人物は、今年10月にデビューしたばかりの8人組カールズグループ「PINKFANTASY」(ピンクファンタジー)のメンバー、ハリンだ。愛らしいアイドルだが、日本はもちろん、韓国でもそれほど知名度は高くなかった。

(参考記事:【画像あり】“あの人物”と本名が同じで話題のハリンとPINKFANTASYが可愛い

しかし11月6日、ハリンが所属事務所のインスタグラムに「もうすぐスヌン(大学受験)です! 高校3年生の方々、ファイト」というコメントとともに、自撮り写真をアップしたことで状況が一変する。

その自撮り写真には制服姿のハリンが写っていたのだが、本名が書かれた名札も写ってしまったのだ。

その本名が普通の名前であれば、それほど大きな話題にはならなかっただろう。

ただ彼女の本名はなんと「パク・クネ」だったのだ。

韓国で、いや日本でも「パク・クネ」と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、韓国前大統領の朴槿恵だろう。大統領から罷免され、最近は収賄罪などで懲役25年・罰金20億円などと判決を言い渡された人物だ。

(参考記事:逮捕から6カ月過ぎても容疑を否認…朴槿恵(パク・クネ)が韓国の裁判に“絶望”している理由

あどけない女性アイドルの本名が、罷免された前大統領と同じ。

なんともショッキングな偶然に韓国メディアも反応しており、「“一度聞いたら忘れられない”本名ひとつで関心を呼んだガールズグループメンバー」「不本意に“芸名”を使わなければならなかった女性アイドル」などと報じられている。

「キム・ジョンウン」も多数、同姓同名が多い韓国

ハリンにとっては不運でしかないが、そもそも韓国には同姓同名が多い背景がある。

例えば、韓国最大のポータルサイト「NAVER」で「キム・ジョンウン」と検索すると、同姓同名の著名人が35人も表示される。韓国女優キム・ジョンウンが以前、「名前を変えようかとずっと悩んでいました」とテレビ番組で明かしたことがあるほどだ。

(参考記事:韓国で暮らす「キム・ジョンウン」さんたちの心情と悩み…「もう我慢の限界」

仕事柄、韓国女子ゴルフ選手を検索することも多いのだが、日本で活躍する「キム・ハヌル」には同姓同名の女優がいるし、「イ・ボミ」にも同姓同名の筋肉女子がいた。

それどころかイ・ジョンウンにいたっては同姓同名の女子ゴルファーが6人もいるほどだ。

韓国に同姓同名が多い理由のひとつには、名字(姓)の少なさを挙げられる。

韓国統計庁の資料によれば、韓国で使われている名字は300近くあるが、1000万人近くいる「キム(金)」を筆頭に、「イ(李)」「パク(朴)」「チェ(崔)」「チョン(鄭)」の上位5つで、全人口の54%を占めているという。実際に使われている名字は、それほど多くないということだ。

さらに名前として使う人気の音もそれほど多くないため、結果的に同姓同名が多いという分析があった。

最近も日本のテレビ番組で「韓国芸能人100人中99人が整形」と発言したカン・ハンナが韓国でも話題になったが、女優カン・ハンナと勘違いする人が少なくなかったそうだ。

いずれにしても、あまり連想されたくない人と同姓同名だったことで、逆に注目を浴びることになった韓国アイドルのハリン。昨日15日は韓国で受験の日。良い結果を得て、ブレイクの良いチャンスも掴めれば良いのだが。