「父の日」に知っておきたい韓国美女ゴルファーと“ゴルフ・ダディ”との関係

(写真提供=カン・ミョンホ)ユ・ヒョンジュ

本日6月17日は「父の日」だ。韓国に「父の日」はなく「両親の日」(5月8日)があるのみだが、もしかすると父に特別な感謝を伝えたいと考える人たちがいるかもしれない。韓国女子ゴルファーたちだ。

2人のセクシークイーンは父がきっかけ

最近、水着姿も収めた写真集を発表して話題を集めた“セクシークイーン”アン・シネも、その一人だろう。

(参考記事:【画像】アン・シネがゴルフウェアを脱いだ!! “水着”で証明したセクシークイーンのボリューム感

というのもアン・シネがゴルフを始めたきっかけは、父親にある。彼女本人がコラムで「ゴルフと出会ったのは6歳の時。練習場に行くお父さんについて行ったのが始まり」と綴っていた。

アン・シネと同じように、“次世代セクシークイーン”として韓国で人気を集めているユ・ヒョンジュも、「父がゴルフをやっていて、それがきっかけで始めた」と話していた。

(参考記事:“次世代セクシーゴルファー”ユ・ヒョンジュは、アン・シネを超えられるか

彼女たちのように、父親がきっかけとなってゴルフを始めた韓国女子ゴルファーは多い。いや、それどころか韓国には娘の才能を伸ばすために尽力した“ゴルフ・ダディ”が少なくない。

キム・ハヌルの父親は…

例えば、日本で活躍している“スマイルクイーン”ことキム・ハヌルの父親は、かなりの実力のシングルプレーヤーだったという。そしてキム・ハヌルの韓国女子ツアー時代は、キャディを務めて娘を支えていた。

キム・ハヌルは韓国でプレーする際も、ミニスカート姿でプレーしているが、それも父親と関係しているのかもしれない。

(参考記事:キム・ハヌルが1年ぶりに臨んだKLPGAツアーを韓国カメラマンが追跡撮影!!

それは彼女にミニスカートを履くことを勧めたのが、他でもなく父親だからだ。今では、それが彼女のひとつの魅力になっていることはいうまでもないだろう。父親の支えがあったからこそ、キム・ハヌルの成長もあったといえる。

韓国女子ゴルファーの父親のなかには、さらに驚きのゴルフ・ダディも。

驚きの“ゴルフ・ダディ”たち

米女子ツアーで活躍するチョン・インジの父親は、娘のレッスンのために事業を畳んで“ゴルフ・ダディ”になった一人。所有していた土地を切り売りして娘のゴルフ生活を支えるなど、チョン・インジ親子の苦労秘話は涙なしでは語れない。

去る6月上旬の「全米女子オープン」で、プレーオフの末に惜しくも敗れたキム・ヒョージュの父親もすごい。娘がアマチュア時代に韓国代表に選ばれた中学3年時に事業を畳んで、試合を転戦する娘に帯同して運転手役や調理師役を買って出たという。

それだけに、韓国女子ゴルファーたちは父親への感謝を忘れないのだが、それに伴うゴルフ・ダディの格好いいエピソードも生まれている。主人公は、申ジエの父親だ。

申ジエは家族のために2008年、70坪の新築アパートをプレゼントしており、また弟や妹の学費も彼女の賞金で賄ったという。たまには父親に何かプレゼントしようと思ったが、父からは「いつものように寄付しなさい」と断られたという。

申ジエが寄付活動に積極的なのも、「困っている人を助け、分かち合う」という父の教えからだ。

それでも「たまには父に感謝の印を」と思い、彼女はクレジットカードを使って高価なブランド品の腕時計を購入。ただ、娘の通帳管理をしていた父親の携帯電話にクレジットカードの利用明細がメールで届いてしまった。

「“こんな大金何に使ったんだ“とすぐ父から連絡がありました。プレゼントだというと最初は“いらない”、“返品しろ”の一点張りでしたが、実際に手渡すととても喜んでくれて…。でも後日、通帳を確認すると、父から同額が振り込まれている。そういう父なんですよ(笑)」とは、申ジエから直接聞いた話だ。

過去にはゴルフ・ダディの娘への寵愛が度を過ぎて、結果的に娘への負担となるような“カバン事件”もあったが、多くの父親は確実に娘の助けになっている。

誰よりも娘の成長を心から願い、具体的な行動までするゴルフ・ダディたち。きっと日本女子ゴルファーの父親にもいることだろう。誰が「父の日」に優勝トロフィーをプレゼントするのか、注目したい。