稲村亜美の“騒動”も無視できない!? 美女アイドルからカーリング女子も登場する韓国の始球式

(写真提供=SPORTS KOREA)

“神スイング”で知られるタレントの稲村亜美が神宮球場で行われた日本リトルシニア中学硬式野球協会関東連盟の始球式で、多くの中学生球児に取り囲まれる騒動があった。

3月13日に稲村亜美が「ネットで一人歩きして書かれているようなこと(痴漢行為)は、ありませんでした」としたことで事態は収拾するかと思われるが、その騒動は韓国でもちょっとした話題になっている。

韓国メディアも詳しく報じる

例えば『ソウル新聞』は、「始球式の途中で男学生数百人に囲まれた日本のモデル」と見出しを打って、「稲村は一瞬のうちに包囲され、中継画面からも稲村の姿を探すことができない状況に陥った」と伝えていた。

また『国民日報』は、「日本の“始球式女神”稲村亜美、中学生数百人に囲まれて“脂汗”」という記事を掲載。「開会式を進行していたアナウンサーが自制を要求したが、沈静しなかった」と、混乱する現場状況をキャプチャー付きで報じている。

稲村亜美のように、韓国にも“始球式女子”と呼ばれる女子アナがいるのだが、今回の騒動を伝えるニュースに触れた韓国ネット民たちは、「その意識がなかったとしても集団セクハラじゃないか」「稲村はとても魅力的な女性だ」といったさまざまな反応を見せていた。

本人に怪我やセクハラがなかったことは不幸中の幸いだろう。

アイドルやマッスル美女の始球式が大きな話題に

今回の騒動が韓国でも報じられているのは、映像がショッキングな出来事だったこともさることながら、韓国でも始球式が何かと話題になることも影響していると思える。

というのも、韓国でも始球式が何かとニュースになるからだ。特に、少女時代のユナやAOAのソリョンといった女性アイドルたちの始球式は注目を集めやすい。

(参考記事:【画像あり】韓国プロ野球を彩った“アイドル始球式”ベスト10を一挙紹介!!

シーズンオフになると多くの韓国メディアが「今年の始球式の女王は誰か」と題した特集を組むほどなのだ。

それだけに始球式を機に、“時の人”となるケースも珍しくない。

近年では“マッスル美女”のチェ・ソルファが開脚始球式を披露して大きな注目を集めた。その大胆な始球式は、日本の写真週刊誌で紹介されたほどだった。

韓国の始球式には芸能人だけでなく、地域の名士や一般人、野球ファンなどがマウンドに上がることも少なくない。振り返れば、昨年のプロ野球「韓国シリーズ」の始球式には、文在寅大統領がサプライズで登場している。

朴槿恵(パク・クネ)前大統領や盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領など、韓国の歴代大統領たちが始球式に登場しているのだから、興味深い。

また、過去には“韓国女子ゴルフ界のセクシークイーン”ことアン・シネの“ラブリー始球式”など、スポーツスターたちがプロ野球のマウンドに立ってきた。

(参考記事:今日だけはラブリー!? 韓国女子ゴルファーアン・シネのノーバン始球式6連発!!

今シーズンの始球式で注目はカーリング女子!?

もちろん3月24日に開幕する韓国プロ野球の各試合で、誰が始球式を務めるのかといった話題も今から出ている。

もっとも期待されているのは、アイドルや著名人ではなく、平昌五輪で銀メダルに輝いたカーリング女子代表選手たちだろう。

かねてからサムスン・ライオンズのファンであることを公言していた彼女たち。実際に“メガネ先輩”ことキム・ウンジョンは、「始球式は、私たちの間で以前からできたらいいなと思っていました」と話したことがある。

(参考記事:メガネを外した“メガネ先輩”が超かわいい!! 韓国カーリング女子キム・ウンジョンのSNSがスゴい!!

サムスン・ライオンズ側も、ホーム開幕戦(3月30日)の始球式に女子カーリング代表を招待したと明かしているだけに、実現の可能性は低くないだろう。

いずれにしても、稲村亜美の騒動で改めて韓国の始球式に対する関心の高さがわかるだろう。今後アクシデントやトラブルなしに、個性的で華やかな始球式が行われることを期待したい。