日本は深田恭子が“美しい顔”に選出。韓国で今、「理想のオルチャン(美顔)」とされる美女は誰か

(写真:アフロ)

女優の深田恭子が「2017年のもっとも美しい顔」に選出されたという。女性雑誌『VOCE』が選び12月13日に行なわれた「VOCE BEST COSMETICS AWARDS 2017」授賞式で発表された。

韓国でも同じような授賞式は多いが、では、韓国の女性たちが思い描く“理想の顔”はどんな顔なのだろうか。そんな疑問への回答を示してくれる興味深いアンケートがあるので、紹介したい。

発表したのは大韓整形外科学会の公式チャンネル『Archives of Plastic Surgery』。同メディアが、バイオ医薬品会社と新韓(シンハン)大学の看護学科、東国(トングク)大学一山(イルサン)病院の整形外科の協力のもと、「美しい顔立ち」についてアンケート調査を行なったという。

唇はソン・ヘギョ、鼻立ちはハン・ガイン

一般人と医療従事者290名を対象に行われたアンケート調査は、目、鼻、口、肌など顔の部分別に「理想の顔パーツ」を聞いているのだが、その票が分かれて興味深い。

例えば「口が美しい美女」に選ばれたのは、ソン・ヘギョ。石原さとみのようなボリューミーな唇の彼女は最近、ドラマで共演した俳優ソン・ジュンギと結婚。日本の一部の人々では“最強反日カップル”と指摘されているが、そのウェディング・ニュースは“世紀の結婚”とまで騒がれた。

「もっとも美しい鼻」の1位に選ばれたのは、韓国で“初恋のアイコン”と称されるハン・ガインだった。ハン・ガインは高校時代から有名。2005年に俳優ヨン・ジョンフンと結婚し、一児のママとなっても、“美しい鼻立ち美女”として憧れの対象になっている。

ハン・ガインはソン・ヘギョとともに「目が美しい美人」のトップ3にも選ばれているが、今回のアンケート調査でもっともその名が登場したのは、やはりあの人気女優だった。

“理想の顔”はやはりダントツであの女優

キム・テヒだ。キム・テヒは「目が美しい美人」で1位、「もっとも美しい鼻」では2位。「口が美しい美人」では3位に入っている。「一番似たい肌美人」でも堂々の1位。まさに誰もが認め憧れる、「理想の顔」の持ち主であることは証明されたわけだ。

(参考記事:完成された美貌と知性。「誰もがうらやむ」超美人女優キム・テヒ)

個人的に興味深かったのは、各部門での1位こそ逃したものの、それぞれの顔パーツで上位に上がり、集計してみると2位にチョン・ジヒョン、3位にソン・ヘギョとともにムン・チェウォンが選ばれていたことである。

ムン・チェウォンは韓国で“歴代ポカリガール”に選ばれている健康美女で、チョン・ジヒョンは清純さとセクシーさからCMに引っ張りだことなり、“元祖CMクイーン”と呼ばれている。広告業界で人気の女優たちがしっかりと選ばれている。好感度がそのまま「理想の顔」にも影響していると言えるだろう。

(参考記事:【画像】韓国企業マーケティング担当者が選ぶ“広告モデルにしたい美女”TOP5)

“美しい顔”を手に入れるための努力とは?

面白いのは、そうした一般人たちの見方と医療関係に従事している人たちの間で、「美しい顔を決める要因は?」という問いに対する回答がクッキリと分かれたことだ。

医療関係従事者たちの92.9%が「目、鼻、口などの調和」と答えたのに対し、一般のアンケート参加者たちの95.9%が「肌の状態がもっとも重要だ」と答えたという。

また、「美容や整形に関する情報の取得経路は?」という問いにも意見がさまざま。インターネット(50%)がもっとも多く、知人(28.4%)、テレビ放送(20.6%)の順となり、特に年齢が下がれば下がるほどインターネット頼りという結果が明らかになったという。

韓国では今、10代の中高生たちの間でも美容整形の施術を受ける者が急増しており、問題となっているが、その情報取得手段がインターネットというのが心配になってくる。

(参考記事:オーディション番組『アイドル学校』の影響で、女子中高生の整形が急増しているワケ)

「美しい顔」は万人の憧れだ。だが、その願望が強すぎるあまり美容整形を決心しても、偏った情報だけでは不安にもなってくる。行き過ぎた美意識は、警鐘が必要な気がするが…。