「ここ10年で6万人が日本籍に」…韓国で国籍を“放棄”する人の数が過去最高に増えている

韓国の若い世代で“韓国籍”を放棄する人々が多いという(写真はイメージ)(写真:ロイター/アフロ)

少子高齢化が顕著な日本では、近年「移民」に関する注目が高まってきている。同じく少子高齢化が進んでいる韓国でも、移民を積極的に受け入れようという動きがあるようだ。

その一方で、心配なのは韓国国籍を放棄する韓国人が増えているということだ。

韓国籍を放棄する人が過去最高に

韓国の移民政策研究院によれば、2007~2016年に韓国国籍を放棄(喪失または離脱)した人は、計22万3611人にも上る。

特に2016年は韓国国籍の“放棄者”が3万6404人と過去最高に多く、2015年(1万7529人)よりも2倍以上も増加したそうだ。年代別に見ると、20代がもっとも多いという。

韓国国籍を放棄する者が多いことは、以前から伝えられていたが、それにしもその増加の早さには驚かざるを得ない。

過去には韓国の財閥一族の“韓国籍離れ”が話題となっていたが、最近は「移民したい」と考える一般人も増えているのだ。

(参考記事:財閥一族だけじゃない! 韓国籍から離れ、移民志向が高まっている理由

韓国籍を放棄した人が取得する国籍は?

では、韓国国籍を放棄した人たちは、どこの国の国籍を取得しているのだろうか。

1位はアメリカで9万4908人。続く2位は日本(5万8870人)、3位はカナダ(3万2732人)となっている。

日本がベスト3に入っているわけだが、以前『中央日報』などが調査した「韓国国民が選ぶ最も“魅力的な国民”」というアンケート調査でも、日本は2位にランクインしていた。

(参考記事:「世界の魅力的な国民2位は日本。1位は…」今、問われる韓国の“市民意識”

日韓関係の冷え込みが指摘されて久しいが、こういったランキングで日本は上位に入ることが多い。

「日韓関係は今後良くなる」と考える韓国人が過半数に上るなど、日本人との意識のズレの大きさが指摘されているが、国籍に対しても認識が違うのかもしれない。

(参考記事:日本5%vs韓国56%という意識のズレ…なぜ韓国人は「日韓関係は今後良くなる」と考えるのか

韓国籍を取得する外国人は減少

逆に、韓国国籍を取得する人は減少傾向にあるという。

同期間(2007年~2016年)、韓国国籍を取得したのは15万3257人。2009年の2万6614人をピークに、2016年は1万2411人にまで減少している。

韓国は多文化共生に力を入れているが、未だに差別意識がまん延しているとの指摘も尽きず、そういった点が減少の遠因になっているかもしれない。

ちなみに、韓国国籍を取得している人たちを国籍別に分類すると、中国(8万7118人)が最も多く、ベトナム(2万7310人)がそれに続いているそうだ。

移民を受け入れようという動きがある一方で、国籍を放棄する人が増加している韓国。何かしら対策を立てる必要があると思うのだが、はたして。