2019年7-9月期GDPを読む

(写真:GYRO PHOTOGRAPHY/アフロイメージマート)

7-9月期のQE(四半期別GDP速報 (1次速報値))が公表されました。

2019年7-9月期・1次速報(2019年11月14日)(内閣府)

GDP7―9月期年率+0.2%、4期連続プラス成長 内需けん引の構図続く (ロイター 2019年11月14日)

経済成長率は、実質で、前期比プラス0.1%、年率換算でプラス0.2%となりました。これで4四半期連続で経済成長率は実質も、名目もプラスを続けています。

今回の消費税引き上げは、前回引き上げ時と比べて、引き上げ幅が1ポイント小さいことを割り引いても、駆け込みが小さく、消費が伸びていません。前回(2014年1-3月期)は消費は寄与度が年率換算で1.1ありましたが、今回はたったの0.2に過ぎません。

なお、今回の駆け込みが小さく見えるのは、新しく「消費税率引上げに伴う季節調整ダミー変数」を使って推計した影響があるかもしれません。このダミー変数は駆け込み需要と反動減を均すことになるので、確かに景気分析には有用かもしれませんが、GDP推計には不要としか思えないのですが...いかがでしょうか?

2019 年7-9 月期四半期別GDP速報(1次速報値) における推計方法の変更等について(令和元年10月28日 内閣府経済社会総合研究所国民経済計算部)

※季節調整ダミーなので、駆け込みや反動減によって、季節調整指数が歪むのを避けるためで、大きな影響はないのかもしれません。

企業は、今回の消費税引き上げによる駆け込み需要の大きさが読み切れなかったからか、それとも今後の景気悪化を予測してなのか、あまり生産増で対応はせずに、在庫の取り崩しで対応したことが、在庫の経済成長率に対するマイナス寄与度が、実質▼0.3%と大きかったことからも分かります。

そして多分景気の悪化を予想しているからだと思いますが、現在も、あえて在庫の積み増しには走っておらず、生産も低調となっています。

頼みの外需は、今回は、駆け込み需要に対応するため一時的に輸入が増えたことで、マイナス寄与となっています。

一部解説では、輸出が低調なのは、韓国人旅行者の減少を原因として挙げていますが、韓国人旅行者の消費額やサービス輸出のGDPへの寄与度を考えれば過大評価でしょう。減少率は確かに大きいですが、寄与度で考えなければなりません。

鈍る成長、訪日客減も景気に冷や水 GDP0.2%増(日本経済新聞 2019/11/14 9:33 (2019/11/14 10:58更新))

結局、内需が弱ってきているところに、消費税の引き上げですから、駆け込み需要が小さく、したがって反動減も小さいでしょうが、今後の景気は、輸出の回復次第というところで、それはとどのつまり、米中貿易戦争の行方に依存しているわけですから、先行きは厳しいと考えるのが自然ですね。