【男子新体操】ついに来るか、大ブレイク!~本日深夜、男子新体操アニメ「バクテン!!」放送開始!

「バクテン!!」に占拠された池袋駅東口(写真提供:宮川健太郎)

深夜枠にもかかわらず、フジテレビはどうも本気でこの男子新体操アニメをブレイクさせようとしている。

社会人選手として今も活動中の宮川健太郎氏のSNSで、池袋駅の写真を見たとき、そう感じた。宮川氏は、この駅内の通路を通勤で通るそうで、「夢のよう」だと言う。

宮川氏は光明相模原高校、花園大学で新体操をやってきた。が、彼が学生で新体操に打ち込んでいるころは、今ほどネットを介した情報発信もなく、じつにマイナー競技らしい扱いにあまんじてきたのだ。

それが、駅のどこを見ても、男子新体操アニメの広告! 動画を流しているビジョンもある! 自分が夢中になり、打ち込んできた競技が急に陽の当たるものになった、嬉しくもあり戸惑いもあったのではないかと思う。

2009年あたりから男子新体操の記事を書いてきた私にとっても、これは本当に「青天の霹靂」だった。2010年のTBSのドラマ「タンブリング」もかなり画期的だったが、今回のアニメはそれを上回る本気度を感じる。

ユニフォームデザインもササキスポーツの協力を得ており本格的だ。(写真提供:宮川健太郎)
ユニフォームデザインもササキスポーツの協力を得ており本格的だ。(写真提供:宮川健太郎)

私ごとだが、じつは競技かるたをやっていた時期がある。段をとるような本格的なところまではやっていないが、大会に出場したりもしていた。クイーンや名人などを間近に見たこともあるし、同じ練習会に参加したこともある。

ただ、それははるか昔のことで、そのころは競技かるたなんて、マイナーもよいところだった。それが、「ちはやふる」という漫画ひとつで様変わりした。

今では、競技かるたは大会出場者を制限しなければならないほどの人気だと言う。

男子新体操にとっての「バクテン!!」は、競技かるたにとっての「ちはやふる」になり得るか? それはまだわからないが、間違いなく、男子新体操の認知度アップにかつてなく貢献するだろう。

※「バクテン!!」情報はこちら

長年、男子新体操の現場を取材し、情報発信してきた者としては、男子新体操にとってのこの千載一遇のチャンスを少しでも後押ししたいと思う。

アニメの中の男子新体操選手たちはきっとかっこよく描かれているに違いないが、現実の世界の男子新体操もそれに負けないくらいかっこいいぜ! ということをしばらくお伝えしていこうと思う。

「バクテン!!」を見て男子新体操に興味をもってくれた人に、届くことを祈りつつ。

※現在進行形の男子新体操情報はこちらで。

※よかったこちらも! 過去の「男子新体操」の記事がたくさん!

まずは、今回のアニメの監修も務めている青森山田高校。

青森山田高校2019団体(写真提供:清水綾子)
青森山田高校2019団体(写真提供:清水綾子)

様々なスポーツで全国レベルの活躍をしているチームなので、学校名を聞いたことはあるという人が多いと思うが、この高校、男子新体操でもスゴイ! のだ。

今回のアニメも青森山田高校の協力あってこそ、な部分も大きい。

アニメを見ながら、彼らにも少し思いを馳せてもらえればと思う。

青森山田高校2019団体(写真提供:清水綾子)
青森山田高校2019団体(写真提供:清水綾子)

これ、すごいですよね?

アニメだからできるのではなく、リアルにこうして空を跳べるのが、男子新体操選手たちです。「バクテン!!」ともども、リアルな男子新体操にもどうぞ注目あれ!