【体操/新体操/男子新体操】今週末は、お家にいながらGymnastic三昧!

例年、感動のパフォーマンスを見せる東京女子体育大学の発表会。(2019年撮影)

激動だった2020年も残り2週間。

この週末は、7か月延期されていた「第74回全日本体操選手権」の決勝が行われ、注目を集めそうだ。

12月10日に行われた女子予選では、村上茉愛(日体クラブ)が首位通過。2位には畠田千愛(セントラルスポーツ)、3位には畠田瞳(セントラルスポーツ)がつけている。

リオ五輪日本代表の杉原愛子(武庫川女子大学)は10位、寺本明日香(ミキハウス/レジックスポーツ)は18位と予選ではやや出遅れたが、ここからの巻き返しを狙う。

12月12日に行われる女子決勝は、NHK BS1で12:00~14:50に放送される。

12月11日に行われた男子予選では、萱和磨(セントラルスポーツ)が首位通過。2位に谷川航(セントラルスポーツ)、3位に千葉健太(セントラルスポーツ)が入り、前野風哉(セントラルスポーツ)も6位と、96年組とセントラルスポーツの強さを見せつけた。

鉄棒だけに出場した内村航平(リンガーハット)は、ブレトシュナイダーも成功させ、コールマンの高さでも見る人を驚かせる超絶演技を披露し、15.533という高得点をマーク。13日に行われる男子決勝では、萱、谷川ら96年組を中心とした個人総合優勝争いのほか、内村選手の鉄棒の演技も見ることができる。

12月13日に行われる男子決勝は、NHK BS1で12:00~13:05、NHK総合で13:05~15:00に放送される。男女とも試技演技順は、以下で確認できるので、ぜひお見逃しなく!

※日本体操協会公式サイト(男女演技順掲載)

全日本選手権での日本女子体育大学団体
全日本選手権での日本女子体育大学団体

そして、今夜は、バラエティー番組でも新体操が堪能できる。

11月20~22日に行われた「第73回全日本新体操選手権」で団体総合優勝を果たした日本女子体育大学の団体チームが「炎の体育会TV!」に出演するのだ。新体操選手の身体能力を生かした競技でタレントチームと対決したりするようなので楽しみだ。

※日本女子体育大学団体チームが出演! 「炎の体育会TV!」情報

また、先日行われた日本女子体育大学発表会の様子も一部、YouTubeの公式チャンネルで公開されているので、こちらもぜひ見てほしい。

さらに、12月13日(日)の午前11時半ころから、三重県で行われる新体操の大会で、全日本選手権男子個人総合準優勝の堀孝輔選手(同志社大学)のエキシビション演技が行われ、堀選手の出身クラブであるLeo RGのインスタでライブで配信される。

全日本選手権での堀孝輔選手(同志社大学)
全日本選手権での堀孝輔選手(同志社大学)

※Leo RGインスタグラム

男子新体操の常識を破る活動ぶり、そして、常に限界突破を目指して演技を磨き続けてきた堀孝輔選手は、全日本選手権でも素晴らしい演技を見せていたが、いかんせん無観客試合だった。「少しでも多くの人に演技を見てほしい」という思いからすでに、自身のインスタグラムにも演技動画を載せている。

※堀孝輔インスタグラム

そんな堀選手の演技を生配信で見られるチャンスが、今回のインスタライブだ。

ぜひ、多くの人に観てもらいたい。

※堀孝輔関連記事「Yahoo!ニュース」

※堀孝輔関連記事「4years」

新型コロナの感染拡大も止まらず、先行きが不安はぬぐえないが、こんなご時世だけにさまざまな配信が増えてきていることは、歓迎すべきことだと思う。

全日本選手権での東京女子体育大学団体
全日本選手権での東京女子体育大学団体

この先も、12月24日(木)には、新体操の老舗・東京女子体育大学の研究発表会の開催、ライブ配信が予定されている。チケット購入すれば、リアルタイムだけでなくその後12月31日まではアーカイブを見ることができるという嬉しいサービスだ。

※東京女子体育大学研究発表会情報はこちら

新体操では「大学の発表会を見て、続ける気になった」という選手が非常に多い。それだけの魅力をもっているのが大学の発表会。東京女子体育大学はその代表格といえる。

遠くから足を運ぶことは難しかった人にとっては、ライブ配信が行われる今年は大チャンス! ぜひ、この発表会を見てほしいと思う。

今週末、そして年内いっぱい、いやその先も。

これからはライブ配信でより身近に体操、新体操を楽しめる機会が増えていきそうだ。

<写真提供:清水綾子>