【新体操】武庫川女子の快進撃に見る「女子新体操界の地殻変動」

2日目の演技を終え、キス&クライで笑顔で観客に手を振る武庫川女子団体

4月に行われるユニバーシアード予選は、とても予想が難しい。

昨年の全日本選手権では初の団体優勝を成し遂げた武庫川女子大学が、そのまますんなりとこのユニバーシアード予選を勝ち抜くとは、正直予想していなかった。

なにしろ、武庫川女子の団体登録メンバー6人のうち、昨年の全日本優勝メンバーに入っていたのは、川田弥佑(4年)、塚原青(2年)の2人だけだったのだから。普通に考えたら、「優勝メンバーの4年生が抜けて大幅に戦力ダウン」のはずだったのだ。

それが、今回のユニバーシアード予選で武庫川女子は圧巻の強さを見せた。

1日目の「ボール×5」では、各チームが一歩も譲らぬ名演技を見せる中、最後に登場し、「もしかして、ここが一番では?」と思わせるに足る演技を見せた。落下もなければ、移動もほぼ見られなかった。

演技のメリハリが素晴らしく、高難度の交換、連係がふんだんに組み込まれている中でも、表現も忘れない。

そんな演技で、20.450。東女の21.000には及ばなかったが2位につけ、2日目に十分逆転の可能性を残した。

そして、2日目。

団体競技は波乱の幕開けとなった。

「ボール×5」では素晴らしい演技を見せた中京大学、国士舘大学が、バタバタとミスの連鎖で自滅。

少し重苦しい空気の中で、武庫川女子の出番となった。

画像

しかし、今回の武庫川女子は、そんな空気をはねのけて見せた。

中盤の連係で、背中ではね返したフープがやや短く、落下があった。が、それもダメージの少ない落とし方で、得点には響くが、印象は大きく損ねることのないミスだった。クラブのキャッチがやや待ったようなところや、減点になるかどうかのわずかな移動などもあったようにも感じたが、それらもすべてうまく対処し、演技をまとめあげた。

いや、「まとめた」という消極的なものではなく、彼女たちの演技は十分に攻めていた。とくにそれが顕著に表れていたのがステップだ。

現在のルールでは、ダンスステップコンビネーションは必須要素となってはいるが、なにしろ手具操作をどんどん詰め込むことが必要となっているので、ステップが埋もれてしまいがちな傾向にある。

ところが、武庫川女子のステップは、今どきの演技構成にしてはかなり贅沢に時間を使い、「ここぞ!」とばかりに表現を見せつける。

一目見ただけで、選手たちが「ここを見せたい!」と思って演じていることがわかる。そんな魅力的なステップが強く印象に残る、そんな演技だったのだ。

画像

ミスの分の減点は免れないだろうが、いい演技だった。

「ボール×5」との2種目を高いレベルで揃え、武庫川女子の底知れぬ力を証明して見せる演技だった。

点数表示にかなり時間がかかったが、19.750という得点が出た。勝敗を分かれ目となるD得点は14.700。

後は、東女、日女の出来次第という展開となった。

初日を首位を死守した東京女子体育大学も、非常に勢いのある演技をやり切った。

序盤の目立たないところで落下はあったが、落下はそこだけ。フープ3本投げのキャッチではやや大きく移動はしていたが、それも動きの一環と見えるようにうまくつなげていた。

「ユニバだけは譲らない!」という東女の意地がエネルギーとなって渦巻いているような演技、そして観客の大声援の中、「強い東女」を見せる演技はしていたと思う。が、いくらか手具の扱いには不正確さが目立ったようには感じた。また、直前に演技した武庫川女子に比べると、やや演技がフロアの真ん中よりな印象はあったようにも思う。

武庫川も東女も落下は1回だが、その落下は武庫川のほうが目立っていたため、「東女の勝ち」と感じた人もいたかもしれない。

が、表示された得点は、17.450。D得点13.100と、武庫川女子より1.600低い。さらにE得点でも差が開いていた。

昨年の全日本選手権からの大躍進を見せた東京女子体育大学
昨年の全日本選手権からの大躍進を見せた東京女子体育大学

じつは東女も、昨年の全日本選手権時のメンバーは、堀七瀬だけだった。部員数の多い東女は団体メンバーの入れ替わりは比較的多いチームではあるが、それにしても今回は総入れ替えに近かった。

しかも、東女は、昨年の全日本選手権での団体総合は11位に終わっている。ユニバーシアード予選は、上位にいた高校生チームを除くため通過はしたが、昨年成績から考えれば、今回のユニバーシアード出場は「絶望的」と言われても仕方のないところからのスタートだったのだ。

それを思えば、「ユニバはやはり東女か?」と思わせるところまで、この選考会に向けて作品を仕上げてきたことは驚きだったし、今年の東女に対する期待を大きく膨らませる健闘だった。

今回の負けは悔しいだろうが、この悔しさを晴らしたいという思いが、彼女たちをさらに強くしてくれそうな予感がする。

しかし。

武庫川女子にしても、東女にしても、これほどメンバーが大幅に変わりながら、なぜ4月の試合で躍進を見せることができたのだろうか。

かつては、「団体メンバーとしての経験値の高い3,4年生の多いチームが強い」というのがセオリーだったのだが。

ユニバーシアード出場を勝ち取った武庫川女子のメンバーを見てみると、登録メンバー6人中3人が1年生だ。

しかし、この1年生がただものではない。

圓山芽生は、金蘭会高校出身、毛利玲菜は名古屋女子高校出身。昨年の全日本選手権で大学生たちを苦しめたスーパー女子高生団体の一員だったのだ。さらに山脇陽菜も、ここ数年、高校総体で活躍してきた冨岡西高校出身と、いずれも強力なルーキーだったのだ。

これなら、メンバーが変わっても強いのも納得だ。戦力ダウンどころか、補強と言える新入生たちだったのだ。

東京女子体育大学に至っては、登録メンバー6人中4人が1年生。それも、全員が潤徳女子高校出身だった。

潤徳女子は、昨年の高校総体に始めて東京都代表として出場したチーム。当時から超高校級のダイナミックな演技には定評のあるチームだった。そのメンバーたちがそろって東女に入ったとなれば、この躍進にも納得がいく。

昨年の全日本選手権の女子団体は、高校生パワーに席巻された。

その高校生たちが、今度は大学に進み、新体操の勢力図を大きく変えようとしている、と感じる。

※参考記事:2018年全日本選手権団体の記事

かつての絶対女王・東女も、近年は苦しいシーズンになることも多かった。

が、高校での実績をもった選手たちが、これだけ一気に入ってくれば、王座奪還の可能性も十分に出てくるだろう。

そして、昨年の全日本女王、そしてユニバシアード出場までも実現した武庫川女子は、西日本で新体操をやっている選手たちにとっては大きな吸引力を持つだろう。

折しも今日から体操競技の全日本選手権が行われるが、武庫川女子は体操競技でも今年こそは日本一か? と言われる充実ぶりを見せている。リオ五輪代表の杉原愛子選手が編入したことでも話題になった。

大学としての実績も十分なうえ、スポーツも盛ん、新体操でも日本一を目指せるという大学が西日本にある、ということは、多くの選手たちの選択肢を広げることになるだろう。

少し前までは、新体操で日本一になりたければ、東京に行くしかないと思われていた。

が、決してそうとは限らない、と武庫川女子が証明した。

近年、ジュニア、高校までは、西日本勢はかなり上位を占めているいるのだ。

それが大学生になると、「西日本では勝負にならない」という空気が占めていた。

スポーツとしての繁栄を目指すなら、一点集中には弊害が大きい。

西日本でも、東日本でも、どこの大学でも。

上を目指すことができる。

そんな未来が見えてきた。

武庫川女子の選手たち、指導者、そして学校関係者にも凄まじい努力があったと思う。

今回の快挙はその賜物に違いない。

が、「武庫川にできたことが自分たちにできないはずはない」

そう思うチーム、大学が続いてくれることにこそ、大きな意味がある。

女子の新体操は、今、本当に大きな変わり目を迎えている。

それは、新体操そのものの発展と存続のためには、不可欠な変化なのだ。

<写真提供:清水綾子>