【男子新体操】男子だけど美しい! トップチームの「美の競演」を見逃すな!~第71回全日本新体操選手権

大会5連覇を達成した青森大学の団体演技

10月26~28日に千葉ポートアリーナで行われた第71回全日本新体操選手権の男子団体総合では、強豪・青森大学が優勝し、全日本選手権5連覇を飾った。

青森大学の優勝には驚かない人がほとんどだろうが、なにしろ今年の青森大学は、昨年までのメンバーが2人しか残っていなかった。

「さすがの青森も今年は苦労するのでは」とも言われていたシーズンだったが、終わってみれば、東日本インカレ、全日本インカレ、そして今回の全日本選手権とすべて優勝。中でも、今回の全日本選手権がもっと危なげない勝ち方だった。

予選では、試技順3番の国士舘大学が素晴らしい演技を見せながらも、最後の組みでラインオーバー。それでも18.300という高得点をマークした直後に登場して、つけいる隙のない演技で18.750。全日本インカレのときは「仕上がらず抜かざるを得なかった」と言っていた組みの超大技を今回はきっちりと入れてきた。

青森大学の名物ともいえる「ブランコ」という組み技の進化形。従来のブランコよりも高さを出した、まるで空中ブランコのようなハイリスクな組み技に会場では、悲鳴にも似た歓声が上がった。高校生のチームでは高さのある組み技を見ることがあるが、大学生はあまりやらない。その高い組みを、王者・青森大学があえて入れてきた、のだからみんな度肝を抜かれた。

観客の度肝を抜いた青森大学の組み技
観客の度肝を抜いた青森大学の組み技

それでも、青森大学の演技は、例年とおりの重厚感、移動の疾走感に満ちていた。さらに言えば、今年のチームは「去年よりも個々の力は落ちる」と再三言われていたが、徒手の美しさや柔らかい動きに関しては、決して劣っていなかった。身体の動きを使った見せ場は、あるいは昨年以上に美しく、今年のユニフォームにも似た、波のような柔らかさと力強さがあった。

さざ波のような美しく、柔らかい動きも見せた青森大学
さざ波のような美しく、柔らかい動きも見せた青森大学

青森大学は決勝でも6番目に登場して、鹿倒立でわずかに肘曲がりが見られたがそれ以外は、完璧と言える出来栄えで18.800と得点を伸ばし、この時点で、ほぼ優勝を確実にした。

2位となった国士舘大学は、決勝では青森大学の直後に演技することになったが、終盤までは集中力を感じさせる素晴らしい演技を見せた。今年の国士舘は、ユニフォームを一新。昨年までのストーンなどがついた「衣装」といった趣のものではなく、シンプルにプリント地で作った赤系の本番着は、奇しくも青森大学の今年の本番着と印象が似ていた。いや、青と赤なのでまったく違うのだが、どちらも身体の線がよく見えるデザインと素材で、非常にスポーティーな印象だったのだ。

男子新体操は、2010年から個人競技でパンタロンが認められ、数年遅れて団体競技でも認められるようになった。

女子よりはずっと遅れていたが、スパンコールやストーンなどの装飾も2010年ころから増え始め、かなりきらびやかになってきていた。

繊細な表現では青森大学をも凌ぐ国士舘大学
繊細な表現では青森大学をも凌ぐ国士舘大学

過去の国士舘の団体衣装も、かなりセンスのよさを感じさせるものが多かったが、今回は過去の「国士舘らしさ」とは異なっていた。どちらというと、「青大ぽい」。奇抜なプリント地の本番着は、青森大学が2012年あたりから採用していたが、追随するチームがなかなか出てこなかったが、今回の国士舘は、おそらく「あえて」衣装まで青森大学に寄せてきていた。

曲や演技構成も同様だった。

ここ数年の、「青森大学とは違う良さを見せよう!」としていた国士舘が使っていたセンシティブな曲やポップな曲ではなく、重厚で力強い冒頭の音楽は、「いつもとは違う」ことを如実に表していた。

国士舘の良さは、その体操の美しさにある、と言われてきた。とくに止まって見せるときの身体の微妙な曲線や脚のラインの美しさなどには、ここ数年、青大を凌ぐものもあった。指先や肩、胸などを繊細に使う動きには、見る者の心を揺さぶるものがあった。

しかし、その方向でどれだけ研鑽を重ねても、青森大学に勝つことができず、とくに昨年の全日本インカレでは、予選、決勝で2本会心の演技を揃えたにもかかわらず、予選で大きなミスの出た青大に逆転負けを喫してしまった。

「このままでは勝てない」

そのことがよくわかっていた国士舘は、今まで「青大にはあって国士舘に不足している」と指摘されてきた部分を強化した。

それは、運動量であったり、移動の大きさ、スピード、そしてダイナミックな組み技などだ。

結果、曲も衣装も「青大ぽく」なっていった。決して真似しているわけではない。ただ、「青大にはできることができていない」と言わせない演技を目指したのだ。

それでも、国士舘らしさを残したのが、中盤で使用されている曲「糸」だ。

この旋律にのせた、美しい動き、彼らが見せる表現は、まぎれもなく「美しい体操で青大に勝とうとしていた国士舘」のものだった。

国士舘らしいこだわりが感じられた「糸」での動き
国士舘らしいこだわりが感じられた「糸」での動き

予選ではラインオーバー、決勝でもラストの組みの着地でふらつきがあった。

パーフェクトな演技を2本揃えても勝つことが難しい青森大学相手に、ミスがあっては勝てない。

それでも、青大と真っ向勝負しようとした今年の国士舘はある意味、潔かった。

「勝ったのは青大だけど、国士舘が一番美しかった」という褒め言葉に満足するのではなく、「勝ちたい!」という彼らの叫びにも似た思いが伝わってくる演技だった。

同じ負けるのならば、徹底して美しさを追求したほうが差別化はできただろう。「やっぱり国士舘が好き!」という褒め言葉も増えたかもしれない。そして、演技終盤でのミスも起きなかった可能性も高い。

それでも、挑戦したのは、国士舘の意地だったのではないかと感じた。それこそがアスリートたる姿だとも。

彼らは「褒められるため」に新体操をやっているわけではないのだ。それがすべてではないことはわかってはいても「勝ちたい!」のだ。

決勝の最終演技者は、神埼清明高校。

すでに高校総体を2連覇している無敵の高校生チャンピオン。

今大会でも、大学生チームをいくつ食えるか、が注目されていた。

神埼清明の代名詞となった脚を高く上げたバランス
神埼清明の代名詞となった脚を高く上げたバランス

予選では、6番目に登場した神埼清明の演技には大きなミスはなかった。あの高く脚を上げるバランスと鹿倒立でわずかに揺れがあったようにも思ったが、それは目立ったミスではなかった。ところが、この神埼の演技に対して出た得点は、17.925と予想されたよりかなり低かった。たしかに、いくつかの細かいミスゆえか、高校総体で見たときほどの迫力には欠けていたようにも思う。

また、全日本選手権という最高峰の戦いゆえに、神埼より前に井原、国士舘、青森、坂出工業と有力チームが登場していた。これらのチームの構成はかなりリスキー、かつ独創性に富んだもので、会場を沸かせていた。

その後に出てきた神埼清明の演技は、この流れの中で見ると、よくも悪くもシンプルだった。かつては「組み」で度肝を抜くチームだった神埼清明だが、今年の演技にはインパクトのある組みが最後の1つしかない。タンブリングには突出した強さがあるが、じつは演技構成にリスキーなものがあまり入っていないのだ。

ただ、今年の神埼清明の演技には、組みの少なさなどをものともしない強さと美しさがあった。

だからこそ、高校総体でも危なげなく連覇を達成できたのだ。

空気が動くことを感じさせた神埼清明の演技
空気が動くことを感じさせた神埼清明の演技

しかし、予選での神埼清明の演技には、わずかではあるが揺らぎがあった。

派手な組み技頼みではなく、力強くシャープなタンブリングと、可動域の大きい重厚な体操で見せる「完全無欠」感が最大の武器だった今年の神埼清明にとっては、わずかな揺らぎが案外大きな綻びになったか? 予選の得点を見たときにそう感じた。

そして、その読みはおそらく当たっていたのだ、と思い知らされたのが、決勝での神埼清明の演技を見たときだった。

決勝での神埼清明の演技は、「完璧」だった。

予選で見せた揺らぎもなく、跳ぶときは高く、軽く、そして体を沈ませるときにはあくまでも重く、低く。

上下にも左右にも、彼らの身体は最大限に大きく広く動く。そして、その指先やつま先のさらに先の空気まで動かす。

タンブリングはあくまでも軽く、速く、まっすぐで見ていてなんの不安も違和感もない。ただ、気持ちがいい。

そして、最後の最後に見せる「じつは組みもできます」と言わんばかりの高さのある組み。それも、跳び役の選手の身体がなんと美しいことか!

演技終盤に組み込まれた高い組み技
演技終盤に組み込まれた高い組み技

青森大学のもつ強さ

国士舘大学のもつ美しさ

今年の神埼清明はその両方をもっていた。

こんな高校生チームはめったに出てこない。

見ることができて幸せだと思う演技を、神埼清明は決勝で見せてくれた。

これを見てしまうと、予選での演技は「出し切れた」ものではなかったと言わざるを得なかった。

そして、出し切ったときには、ここまで圧倒的な力を見せられるのが今年の神埼清明だったのだ。

男子新体操には様々な表現がある。勝ち方もひとつではない。

だから、どのチームも選手も工夫する。斬新な技や表現が生まれ、観衆を楽しませ、沸かせる。

しかし、おそらく「男子新体操」というスポーツが元来もっていた魅力をもっとも体現した演技を見せたのは、神埼清明ではなかったか。

勝ち負けはさておき、そう感じた。

決勝での神埼清明の演技には、18.250が出た。

総合では、青森大学、国士舘大学に次いでの3位。

しかし、その順位以上に、決勝での彼らの演技は神々しかった。

こんな名勝負を見せてくれたトップ3チームのほか、今年の全日本男子団体選手権、全国高校総体、全日本インカレ、全日本社会人大会の上位16チームが勢ぞろいする全日本選手権男子団体総合予選、その中のトップ8チームが激突する決勝が、本日(11月24日)20時からCSチャンネル「スカイA」で放送される。

今日の男子団体総合を皮切りに、女子団体、男女個人など続々と放送されるので、ぜひ見てもらいたい。

「スカイA」の視聴には契約が必要となるが、一部ネットカフェなどでは視聴可能なところもある。

新体操をやっている人たち、その保護者などは、大勢でネットカフェで見ても盛り上がること間違いなし。

もちろん、今まで新体操を見たことがない、という人もこの機会にぜひ見てほしい。

※スカイAでの「第71回全日本新体操選手権」放送予定はこちら

<写真提供:清水綾子>