重見大介

産婦人科専門医 / 公衆衛生学修士 / 医学研究者
産婦人科専門医 、公衆衛生学修士。日本医科大学卒業。「産婦人科 x 公衆衛生」をテーマに、女性の身体的・精神的・社会的な健康を支援する活動を主軸にしている。現在は診療と並行して、遠隔健康医療相談事業(株式会社Kids Public「産婦人科オンライン」代表)、臨床疫学研究(ヘルスケア関連のビッグデータを扱うなど)に従事している。また、企業向けの子宮頸がんに関する講演会や、学生向けの女性の健康に関する講演会を通じて、「包括的性教育」の適切な普及を目指した活動も積極的に行っている。※記事は個人としての発信であり、いかなる組織の意見も代表するものではありません。

記事一覧

1~5/5件 年月で絞り込む

2020年

前へ

  • 1

次へ

1~5/5件