Q. ソフトウェアテストのSHIFT、売上成長率がYoY+60%を超える理由とは?

 売上 =●● x ●●

 ●●:YoY +9.5%

 ●●:YoY +47.6%

●●、●●ともに前年同期を大きく超え、その掛け算で売上が増えた。

今回はソフトウェアテストのSHIFTが、4月に発表した2021年8月期2Qの決算発表の内容を見ていきます。

本題に入る前に、「ソフトウェアテスト」について簡単に解説すると、まず前提として、デジタル技術の進化により、日々便利になり続けているこの世の中は、数えきれないほどのソフトウェアによって支えられています。

ソフトウェアは、高度かつ複雑な構成になっており、出来上がって間もないソフトウェアは高い確率で正しく作動しません。

ですが、我々の身近にあるソフトウェアは、どんなときも正しく動作するのが当たり前で、そもそも正しく動作するかを疑ったことは無いのではないでしょうか。

では、なぜソフトウェアが正しく動作するのか。

それは、正しく動作するための確認作業と修正作業である「ソフトウェアテスト」が行われているからだと言えます。

ソフトウェアが組み込まれた製品・サービスが使われるあらゆる条件を洗い出し、各条件に対する合格基準を全て満たすまで繰り返し確認作業を行って、はじめて我々利用者にサービスが提供されています。

よって、ソフトウェアテストは、便利な世の中を支える重要な役割を担っており、その中でSHIFTはソフトウェアテストのアウトソーシングサービスを提供しています。

今回は、SHIFTの売上成長率がYoY +60%を超える急成長を遂げている要因について探っていきます。

記事の前半で、SHIFTのビジネスモデルと決算の概要について見ていきます。記事の後半では、売上成長の要因を因数分解して各KPIを深堀りし、さらにクラウドソーシング系の企業との比較も行いました。

SHIFTの狙う市場

https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS95685/1c013d2c/cf51/4087/b483/801352950a77/140120210408491689.pdf
https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS95685/1c013d2c/cf51/4087/b483/801352950a77/140120210408491689.pdf

ソフトウェア開発産業の全体の規模は15.5兆円で、そのうちソフトウェアテストの市場規模は5兆円以上と見られています。

ソフトウェアテスト市場のうち99%は、ソフトウェアを開発した自社内のエンジニアの手で賄われており、アウトソーシングされているのは、たったの1%程度です。

ソフトウェアテストは、ユーザーの元へソフトウェアを提供する上で避けて通れませんが、一般的に好んで行われない仕事だと言われています。

なぜかというと、自分たちで開発したソフトウェアの品質テストをすること自体にモチベーションが上がらなかったり、「客観性がないため仕様の抜け漏れが発生しやすい」というリスクがあるからです。

それにも関わらず、アウトソーシングは1%しか行われていないことにSHIFTは着目し、残り99%の市場の開拓をしに行っています。

https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS95685/1c013d2c/cf51/4087/b483/801352950a77/140120210408491689.pdf
https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS95685/1c013d2c/cf51/4087/b483/801352950a77/140120210408491689.pdf

では、SHIFTの強みは何かというと、それはソフトウェアテストの徹底された仕組み化にあり、「人」「ナレッジ」「ツール」で形成されています。

・人:非エンジニアでも活躍できるように仕組み化

CAT検定という合格率6%のSHIFT独自の入社試験を開発し、知識や経験のある人材だけでなく、素養のある非エンジニアをIT人材として採用できる仕組みを持っています。

・ナレッジ:方法論をデータベース化

年間4,000件のプロジェクト、96万もの不具合を検出した経験などを蓄積し、900のテスト項目に反映させて品質保証の方法論をデータベース化しています。

・ツール:CATツールを独自開発

CATというテストツールを開発し、テストのオペレーションを効率化しています。

CATはSHIFTで請け負うソフトウェアテストでも利用されていますが、テストプラットフォームの製品としても市場にリリースしています。

これら3つの標準化によってサービスの品質を維持していることが、強みの源泉であると考えられます。

https://www.shiftinc.jp/3minutes/overview/
https://www.shiftinc.jp/3minutes/overview/

標準化のメリットはコスト面にも表れており、ソフトウェアテストを開発者自らが行うより、SHIFTにアウトソーシングするほうが、1つの不具合を見つけるコストが50%以下に削減できるようです。

低いテスト実行単価でより多くの不具合を検出できるということで、標準化の効果がコストパフォーマンスに表れています。

PLで最も重要な指標 = 売上総利益とその成長率

https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS95685/1c013d2c/cf51/4087/b483/801352950a77/140120210408491689.pdf
https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS95685/1c013d2c/cf51/4087/b483/801352950a77/140120210408491689.pdf

次に、業績を見ていきます。

売上は108.7億円でYoY +61.4%、売上総利益は33.2億円でYoY +47.8%、営業利益は9.4億円でYoY +45.4%となっています。

上記のすべての指標において、およそ+50%の急成長を遂げており、好調な決算であったことが伺えます。

https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS95685/1c013d2c/cf51/4087/b483/801352950a77/140120210408491689.pdf
https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS95685/1c013d2c/cf51/4087/b483/801352950a77/140120210408491689.pdf

PL(損益計算書)の中でも重要な指標である、売上総利益とその成長率について見ていきましょう。

まず、売上総利益の仕組みですが、売上の中にエンジニアの人件費が含まれており、エンジニアへの給料が売上原価になります。つまり、売上総利益はエンジニアに給料を支払った後に残るお金ということになり、その割合である売上総利益率は30.6%となっています。

売上総利益の成長率は、YoY +47.8%と前述しましたが、2021年1Qの売上総利益25.8億円と比較しても+28.5%の成長率となっており、右肩上がりの成長を見せています。

ここまでの前半の内容でも、高い成長率を見せていることが理解できると思いますが、記事の後半で、成長率の要因をさらに深堀りするために、ユニットエコノミクスを詳細に見ていきます。

この記事はソフトウェア業界に携わっている方や興味がある方、決算資料の分析方法を理解したい財務系の部署の方などに最適なコンテンツとなっています。

----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。月額1000円の定期購読をご購入ください。定期購読では1ヶ月あたり4本程度の有料記事が追加される予定です。

定期購読は初月無料です。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・KPIの因数分解をしてみると...

・KPI#1 ●●を増やすための重要なKPIと施策

・KPI#2 ●●を増やすための重要なKPIと施策

・クラウドワークス・ランサーズとの比較

・まとめ

この記事は有料です。
決算が読めるようになるマガジンの定期購読をお申し込みください。

定期購読のお申し込み

サービス名

決算が読めるようになるマガジンサンプル記事

シバタナオキ

価格

月額1,018円(初月無料)

月4回程度

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方にも役立つ内容です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

企業や社会の次の動きはすべて「数字」が物語っている――。アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、企業の決算情報から「次の一手」を読み解くコラム。経営者だけでなく、決算を基礎から学びたいビジネスパーソンや学生にも役立つ情報を届けます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    京急にも導入 関東で広まる鉄道のロング・クロス転換座席車両、今後はどう展開していくか?小林拓矢5/13(木) 6:30
  2. 2
    バブル崩壊への足音、物価と長期金利の上昇に注意せよ久保田博幸5/13(木) 9:13
  3. 3
    木材価格急騰!ウッドショックから見える日本林業の脆弱さ田中淳夫5/11(火) 9:34
  4. 4
    国の借金が2020年度末で過去最大の1216兆円に。政府債務の状況を知るためには何をみるべきなのか久保田博幸5/13(木) 8:05
  5. 5
    物価上昇観測が強まる。欧米の期待インフレ率が上昇、金属価格の上昇やウッドショックも影響か久保田博幸5/12(水) 8:11
  6. 6
    「善人」が会社を滅ぼし「悪人」が会社を伸ばすこともある〜本当に組織に貢献する人の見抜き方〜曽和利光5/9(日) 6:55
  7. 7
    東京株式市場は続落、日経平均は一時28000円割れ、台湾株の下落に加え、米消費者物価指数への警戒も久保田博幸5/12(水) 15:09
  8. 8
    5,000円分もらえるマイナポイント。子ども分の手続きは?親のポイントとして使える?豊田眞弓2020/7/25(土) 16:00
  9. 9
    Q. 製薬DX企業3社の決算から分かる、売上急成長の3つの理由とは?シバタナオキ5/13(木) 6:00
  10. 10
    君は自分が買いたくないものを顧客に売るのか森本紀行5/13(木) 19:00