Q. UUUM所属YouTuberあたりの年間粗利益は?

ヒント:UUUMに所属しているクリエイターのチャンネル数は約1.2万、動画再生回数は四半期で129億回。UUUMに所属しているクリエイターはYouTuberだけで食べていけるのでしょうか?

今日の記事では、YouTuberのマネジメント企業として日本最大手のUUUMの最新決算をもとに、日本のYouTuberの現状、コロナの影響とUUUMに所属するメリットや今後の戦略について考察していきたいと思います。

*UUUM 2021年5月期 第1四半期決算説明資料(2020/10/14)

https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS71102/894b0fa5/9d46/4177/8557/e037fa82503f/140120201013403099.pdf
https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS71102/894b0fa5/9d46/4177/8557/e037fa82503f/140120201013403099.pdf

2020年6月-8月の第1四半期の売上高は、約50億円で前年同期比(YoY)▲9.3%と減少しました。決算説明会資料では、コロナウィルスの影響で、イベント開催ができなかったことと(売上YoY▲28%)、企業とのタイアップ案件が減少(売上YoY▲29.5%)したことによる影響が大きかったと説明されています。

YouTubeからのアドセンスの売上はYoY+4.4%と微増しています。しかし、コロナ禍でYouTubeの視聴時間が増加した割には増加率が低いのは、木下ゆうかやハイサイ探偵団、えみりんなど国内でトップクラスのチャンネル登録者数を持つ大物YouTuberたちがUUUMを脱退した影響もあると考えられます。

https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS71102/894b0fa5/9d46/4177/8557/e037fa82503f/140120201013403099.pdf
https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS71102/894b0fa5/9d46/4177/8557/e037fa82503f/140120201013403099.pdf

こちらの図は、今年3月-8月までの月次の売上を項目別に表しています。スライドには、「足元の売上は徐々に回復」と記載されているものの、今年3月の売上と比較すると、どの売上項目においても、まだまだコロナの影響から戻っていないように見受けられます。

https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS71102/894b0fa5/9d46/4177/8557/e037fa82503f/140120201013403099.pdf
https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS71102/894b0fa5/9d46/4177/8557/e037fa82503f/140120201013403099.pdf

(注)本スライドの20年5月期1Qの営業利益が453百万円となっていますが、正しくは423百万円のため、以降文中では423百万円を採用しています。

直近の20年6月-8月の四半期営業利益は、4,600万円でYoY▲89.1%と大きく落ち込んでいます。今年3月-5月の四半期に続いて、コロナの影響が各社の広告費用の削減という形で大きく現れた決算だったといえるでしょう。

動画の再生回数・所属チャンネル数

https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS71102/894b0fa5/9d46/4177/8557/e037fa82503f/
https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS71102/894b0fa5/9d46/4177/8557/e037fa82503f/

次に、UUUMに所属するYouTuberのチャンネル数と動画の再生回数を見てみましょう。

20年8月末時点でのチャンネル数は、約1.2万チャンネルでYoY+42.5%、前四半期末と比較しても+15.1%と大きく増加しています。

コロナ禍で再生回数が伸びていても良さそうなのですが、再生回数は前四半期と比較して、▲11.3%の127.9億回に減少しています。

再生回数の減少については、前述の通りトップクラスのチャンネル登録者数を持つ大物YouTuberが相次いで脱退したことと関連があると考えられます。

記事の後半では、YouTuber1人あたりのユニットエコノミクスと、UUUMに所属するメリット、UUUMの今後の戦略について詳しく見ていきたいと思います。

この記事は、YouTubeに興味のある方、YouTuberのマネジメントに関わっている方、今後のUUUMの戦略に興味がある方におすすめの内容となっています。

ーーーーーーーーーー

ここから先は、有料コンテンツになります。月額1000円の定期購読をご購入ください。定期購読では1ヶ月あたり4本程度の有料記事が追加される予定です。

定期購読は初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・Q. UUUM所属YouTuberあたりの年間粗利益は?の答え

・UUUM所属YouTuber1チャンネルあたりの年間粗利益の算出方法

・UUUMに所属するとYouTuberの再生回数は増える?

・UUUMが重視しているKPI2つ

・まとめ

この記事は有料です。
決算が読めるようになるマガジンのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

決算が読めるようになるマガジンのバックナンバー2020年10月サンプル記事

シバタナオキ

価格

1,018(記事6本)

2020年10月号の有料記事一覧

すべて見る

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方にも役立つ内容です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

企業や社会の次の動きはすべて「数字」が物語っている――。アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、企業の決算情報から「次の一手」を読み解くコラム。経営者だけでなく、決算を基礎から学びたいビジネスパーソンや学生にも役立つ情報を届けます。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。