Q. Amazonの「売上対比の配送費」が近年、再上昇している理由とは?

https://logistics.amazon.com/

この記事はゲストライターとの共同制作です。

今回の記事では、皆さんご存知のAmazonの「配送」に着目していきたいと思います。

ECサービスにおいて、配送は非常に重要なファクターです。コスト構造においても大きな変数となりますし、また、顧客体験の差別化ポイントともなるためです。

今回は、そのような重要な要素である「配送」に関して、Amazonの直近20年間の決算書を元に、紐解いていきたいと思います。

Amazonのこれまでの配送費の推移

まずは、2000年~2019年のAmazonの配送費(Shipping Costs)の推移を見てみましょう。

なお、Amazonの配送費には、純粋に配送にかかるコストの他に、デリバリーセンター等の設備構築費、センター内の人件費も含まれています。

今回は、Amazonが毎年発表しているAnnual Reportから、数字を抜粋してグラフ化しています。

Amazon Annual reports, proxies and shareholder letters

画像

このように、指数関数的に右肩上がりで伸びていることが分かります。

2019年には$37.9B(約3.79兆円)に達しており、直近の20年間で約112倍の規模に膨らんでいる計算になります。

ただ、Amazonの売上が伸びているのであれば、それだけ配送費が膨らむことは、当然といえば当然の話です。

そこで、次に、Amazonの「AWSを除く売上に対する配送費の割合」を見ることで、売上に対して配送費がどのような増減をしているのか、確認していきましょう。

「売上に対する配送費の割合」はどのような推移になっているか?

直近20年間の「売上に対する配送費の割合」を図示すると、以下のようになります。

画像

図を見ると、2000年から2009年までは下降トレンドですが、2009年を底値として、2010年以降は、上昇トレンドに転じており、綺麗な「V字型」となっています。

2009年までの動きに関しては、 USPS / FedEX / UPSを中心とした各宅配会社との交渉等により、配送コストの効率化を推進した結果が出ている、と理解することができます。

ただ、2010年以降に上昇に転じた理由は、どこにあるのでしょうか?

これ以降では、Amazonの売上に対する配送費の割合が2010年以降に上昇に転じた理由について、各種データを元に考察することで、Amazonの事業戦略に迫っていきます。

この記事は、EC事業に携わっている方、物流・サプライチェーンに関心のある方、AmazonのEC領域の事業戦略に興味がある方に最適な内容になっています。

----

ここから先は、有料コンテンツになります。月額1,000円の定期購読をご購入ください。定期購読では1ヶ月あたり4本程度の有料記事が追加される予定です。

定期購読は初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・要因1:Amazon独自配送網構築のための設備及び人員の急速な拡大

・要因2:顧客志向を追求する新たな配送手法の拡大

・「配送費」と「純配送費」の比較から分かるAmazonの顧客志向

・まとめ

この記事は有料です。
決算が読めるようになるマガジンのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

決算が読めるようになるマガジンのバックナンバー2020年6月サンプル記事

シバタナオキ

価格

1,018(記事6本)

2020年6月号の有料記事一覧

すべて見る

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方にも役立つ内容です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

企業や社会の次の動きはすべて「数字」が物語っている――。アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、企業の決算情報から「次の一手」を読み解くコラム。経営者だけでなく、決算を基礎から学びたいビジネスパーソンや学生にも役立つ情報を届けます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。