手数料無料化発表のSBI証券、野村證券・ロビンフッドとの比較から見える次の収益源は?

A. 野村證券の1口座あたりの信託報酬額はSBI証券の18.96倍あり、米国の無料証券アプリロビンフッドは注文フローの受け渡しによる収益が約半数。

これらは、SBI証券にとって未来の収益源候補。

この記事はゲストライターとの共同制作です。

SBI証券の株式取引手数料が収益全体に占める割合は?

初めにSBI証券の収益全体において、株式取引手数料(委託手数料)の占める割合を確認していきましょう。

2020年3月期 第2四半期SBIホールディングス株式会社 決算説明会 プレゼンテーション資料

https://www.sbigroup.co.jp/investors/library/presentation/pdf/presen191030.pdf
https://www.sbigroup.co.jp/investors/library/presentation/pdf/presen191030.pdf

上図のように、SBI証券の収益全体における株式取引手数料の割合は「23.2%」となっています。

この割合は、ここ数年で下落傾向にあり、さらに他証券会社との比較では低水準となっていることから、SBI証券が株式手数料に依存しないビジネスモデルを以前から模索してきたことが分かります。

ただ、とはいえ、収益の2割以上を占めるとなれば、経営インパクトとしては決して無視できないものです。

SBI証券の株式手数料無料化は3カ年計画として発表されていますが、この3年間のうちに、何らかの別の収益源を作っていく必要があります。

証券ビジネスの「フロー型」から「ストック型」への転換の動き

では、なぜSBI証券は、そのような収益の柱を自ら捨ててまで手数料無料化を発表したのでしょうか?

その背景には、証券ビジネスの「フロー型」から「ストック型」への転換の動きがあります。

その代表格は、米国の手数料無料の証券アプリ「ロビンフッド」です。

 https://robinhood.com/
https://robinhood.com/

ロビンフッドは、ミレニアル世代を中心に人気を博しており、これまでに$912m(約1,000億円)を調達し、バリュエーションは$7.6b(約8,360億円)に達しています。

また、米国大手証券会社のチャールズ・シュワブもオンライン取引の手数料無料化を行うなど、米国の証券ビジネスにおいて、取引手数料という「フロー型」の収益に頼らないモデルが台頭してきています。

国内でも、SBI証券の手数料無料化発表の後になりますが、2019年末に、楽天証券、マネックス証券などの主要オンライン証券各社が部分的な無料化を次々と発表しています。

このように、国内外で手数料無料化の動きは急ピッチで進んでいます。

ただ、証券ビジネスにおいては、取引手数料による収益がなくなっても、投資信託等の金融商品の残高に応じて「信託報酬」という形で「ストック型」の収益を得ることができます。

つまり、これらの動きは「フロー型」からの脱却であると共に、「ストック型」への転換の動きとみることができるわけです。

SBI証券の株式委託手数料(フロー型)に対する信託報酬(ストック型)の割合は?

現在のSBI証券における、「フロー型」の株式委託手数料に対する「ストック型」の信託報酬額の割合を見てみましょう。

株式委託手数料 134.2億円

投資信託信託報酬額 24.7億円

→ 割合 18.40%

(2020年3月期上半期)

このように、2020年3月期上半期においては、まだ「フロー型」の株式委託手数料の割合が大幅に上回っている状態です。

SBI証券と野村證券の信託報酬額の差は何倍?

では、ここで国内の証券会社のベンチマークとして、野村證券との比較を見てみましょう。

野村證券は、「顧客預かり資産」など様々な指標において国内No.1の規模感となっている、言わずと知れた証券会社です。

その野村証券とSBI証券の信託報酬額を比較すると、以下のようになります。

 https://www.nomuraholdings.com/jp/investor/summary/financial/
https://www.nomuraholdings.com/jp/investor/summary/financial/

野村ホールディングス株式会社 2020年3月期第2四半期決算説明資料

このように、野村證券の信託報酬額はSBI証券の18.96倍もの規模となっています。

これは、SBI証券にとって大きな成長余地と言えるかもしれません。

では、これだけの大きな差は何によってもたらされているのでしょうか?

この記事は、FinTechに携わっている方、様々な収益化手法に興味のある方、証券会社の未来のビジネスモデルに関心がある方に最適な内容になっています。

----

ここから先は、有料コンテンツになります。月額1000円の定期購読をご購入ください。定期購読では1ヶ月あたり4本程度の有料記事が追加される予定です。

定期購読は初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・野村證券とのユニットエコノミクスの比較

・SBI証券が「ストック型」収益を上げるために重要な変数は?

・野村證券の持つリテール証券としての強みとは?

・SBI証券の「ストック型」収益を引き上げる「第4のメガバンク構想」

・米国の手数料無料証券アプリ「ロビンフッド」の儲けのカラクリ

・「SBIネオモバイル証券」による若者ユーザー獲得は収益源となりうるか?

・まとめ

----

この記事は有料です。
決算が読めるようになるマガジンのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

決算が読めるようになるマガジンのバックナンバー2020年2月サンプル記事

シバタナオキ

価格

1,018(記事8本)

2020年2月号の有料記事一覧

すべて見る

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方にも役立つ内容です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

企業や社会の次の動きはすべて「数字」が物語っている――。アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、企業の決算情報から「次の一手」を読み解くコラム。経営者だけでなく、決算を基礎から学びたいビジネスパーソンや学生にも役立つ情報を届けます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    Zoomを安全に利用する4つのポイント。Zoom爆弾や情報漏えいへ対処する。 大元隆志4/6(月) 6:00
  2. 2
    殺虫剤が届かない...「新型コロナウイルス」で深刻化するアフリカのバッタ被害  森さやか4/6(月) 10:07
  3. 3
    新型コロナウイルス検査 「PCR検査」と「抗体検査キット」の違いは? 柳田絵美衣4/3(金) 17:30
  4. 4
    新型コロナウイルスの感染者数の増減を対数グラフで表す理由 矢崎裕一4/5(日) 14:37
  5. 5
    新型コロナウイルス「最適な消毒薬は?」「安全な使い方は」「入手困難どうすれば?」薬剤師に聞きました 市川衛2/23(日) 11:41
  6. 6
    新型コロナ感染症:実は効果あり「マスク」新研究 石田雅彦4/4(土) 8:00
  7. 7
    京都産業大学や県立広島大の新型コロナ感染大学生を個人特定・SNSで批判することに意味はあるか 高橋暁子3/30(月) 15:36
  8. 8
    朝日新聞の「WHOは『布マスクどんな状況でも勧めない』」記事は誤解生むのでは? 案内は医療従事者向け 篠原修司4/3(金) 7:31
  9. 9
    若者は『花見』を自粛し60代が自粛していなかった…行動ログデータから見る『自粛』実態 神田敏晶4/2(木) 15:01
  10. 10
    未完成品であったコロナ迅速抗体検査〜現状の分析と今後の見通し 小野昌弘4/5(日) 7:17