Q. ラクスルのTV CMサービスが伸びる3つの理由とは?

A. 以下の3つが成功要因ではないかと考えます。

・小ロット・低コスト化

・既存顧客へのアップセルが実現できている

・リーズナブルなテイククレート

今日の記事ではラクスルを取り上げて、その中でも特に、TV CMサービスが伸びている理由を分析していきたいと思います。

ラクスル株式会社 2020年7月期第1四半期 決算説明会資料

 https://ssl4.eir-parts.net/doc/4384/ir_material_for_fiscal_ym/74347/00.pdf
https://ssl4.eir-parts.net/doc/4384/ir_material_for_fiscal_ym/74347/00.pdf

初めに決算全体を見ておくと、2019年の8月から10月の四半期で、売上が約54億円、YoY+56.1%、売上総利益が12億円でYoY+42.5%と、とても早いペースで成長しています。

上場してから数年経っているかと思いますが、YoY+50%という早いペースで成長出来ている会社というのは上場企業ではほとんどありませんので、成長スピードという点では申し分ないペースだと言えるでしょう。

黒字を維持しつつも大胆な投資

ラクスルの決算で更に特徴的なのが、こちらのグラフです。

 https://ssl4.eir-parts.net/doc/4384/ir_material_for_fiscal_ym/74347/00.pdf
https://ssl4.eir-parts.net/doc/4384/ir_material_for_fiscal_ym/74347/00.pdf

売上が右肩上がりで伸びていっているにも関わらず、グレイのグラフに相当する営業利益が、わずかに黒字ではあるものの、ほぼゼロになっています。

このスライドにも書かれていますが、今のタイミングにおいては利益を出すよりも、事業に対して再投資をすることによって、さらにビジネスの規模を大きくしていこう、という点が最大のポイントなのではないかと思います。

他の赤字の会社と違うのは、これだけ大きく投資をしているにも関わらず、少しではありますが黒字にしているという点です。つまりやろうと思えばいつでも黒字にできるというメッセージも同時に発しているのが、IRとしては異常に上手いなと思いました。

絶好調な既存セグメント

簡単に既存セグメントも見ておきましょう。

 https://ssl4.eir-parts.net/doc/4384/ir_material_for_fiscal_ym/74347/00.pdf
https://ssl4.eir-parts.net/doc/4384/ir_material_for_fiscal_ym/74347/00.pdf

ラクスルの印刷事業セグメントになりますが、売上そして売上総利益、共に右肩上がりで大きくなっており、安定成長が実現できていると言えるでしょう。

さらに売上総利益率も、20%~25%の間と、非常に高い水準を維持しています。

 https://ssl4.eir-parts.net/doc/4384/ir_material_for_fiscal_ym/74347/00.pdf
https://ssl4.eir-parts.net/doc/4384/ir_material_for_fiscal_ym/74347/00.pdf

第二の事業であるハコベルも、売上が四半期あたり5.6億円まで来ました。

売上総利益率が若干小さいのが気になりますが、トップラインが前年同期比で2倍以上に伸びているというのは、大きな進捗だと言えるのではないでしょうか。

TV CMサービスの概要

さて、今日のメインテーマであるTV CMサービスを、詳しく見ていきましょう。

https://ssl4.eir-parts.net/doc/4384/ir_material_for_fiscal_ym/74347/00.pdf
https://ssl4.eir-parts.net/doc/4384/ir_material_for_fiscal_ym/74347/00.pdf

モデルとしてはこの頭にある通りですがテレビ CM を発注したい会社がラクスルを通じて制作会社に発注することでテレビ CM が放送できるという内容になっています

 https://ssl4.eir-parts.net/doc/4384/ir_material_for_fiscal_ym/74347/00.pdf
https://ssl4.eir-parts.net/doc/4384/ir_material_for_fiscal_ym/74347/00.pdf

事例としては、この左側にあるような地場の中小企業であったり、右側にあるようなスタートアップなどの新規事業が、想定している利用ユーザーになっています。

今日の記事では、このTV CMサービスがどの程度伸びているのか、そしてなぜ伸びているのかというのを、決算から読み取れる範囲で書いてみたいと思います。

この記事はメディアビジネスを担当されている方、中小企業向けのサービスを提供されている方、マーケットプレイス型のビジネスに関心がある方、TV CMに携わっている方に、参考になる内容となっています。

----

ここから先は、有料コンテンツになります。月額1000円の定期購読をご購入ください。定期購読では1ヶ月あたり4本程度の有料記事が追加される予定です。

定期購読は初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・TV CMサービスの躍進

・伸びる理由#1: 小ロット・低コスト化

・伸びる理由#2: 既存顧客へのアップセルが実現できている

・伸びる理由#3: リーズナブルなテイククレート

・まとめ

----

この記事は有料です。
決算が読めるようになるマガジンのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

決算が読めるようになるマガジンのバックナンバー2020年1月サンプル記事

シバタナオキ

価格

1,018(記事6本)

2020年1月号の有料記事一覧

すべて見る

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方にも役立つ内容です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

企業や社会の次の動きはすべて「数字」が物語っている――。アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、企業の決算情報から「次の一手」を読み解くコラム。経営者だけでなく、決算を基礎から学びたいビジネスパーソンや学生にも役立つ情報を届けます。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。