Q. 先日上場したChatwork、課金ユーザーあたりの売上はSlackの何分の一?

A. Chatworkの月次ARPPUは約321円。Slackは約2,993円。

よって、Chatworkの課金ユーザーあたりの月次売上高はSlackの1/9以下。

この記事はYusuke Gotoさんとの共同制作です。

共同制作者のYusuke Gotoさんは、複数事業展開している企業のSaaSでセールス担当をされており、SaaSビジネスに造詣が深いサウナ好きのライターさんです。

今日は、先日上場を果たしたChatworkと、何度かここでも取り上げているSlackのビジネスを詳しく見ていこうと思います。

Chatworkは、業務上のコミュニケーションを効率化することのできるビジネスチャットツールでSlackと似たSaaSを提供しており、「生産性向上」や「SaaS」といった観点で、今非常に注目度の高い領域のビジネスかと思います。

まず初めに、それぞれの決算の概要を見ていきましょう。

東京証券取引所マザーズへの上場に伴う当社決算情報等のお知らせ(2019/9/24)

Investor Presentation Second Quarter Fiscal Year 2020(2019/9/4)

Chatworkの決算概要

http://bit.do/fiKaN
http://bit.do/fiKaN

2019年12月期第二四半期終了時点の売上高が約8.5億円でYoY+30.7%、営業利益は5,500万円でYoY+157.9%と、非常に高い成長率を記録しています。

※Chatworkの前年度第二四半期末時点の数値が開示されていないため、前年度通期の決算を単純平均して成長率を算出しています。

Slackの決算概要

続いてSlackの直近四半期の決算を見ていきます。

http://bit.do/fiKa7
http://bit.do/fiKa7

売上高は$145M(約145憶円)でYoY+58%と非常に早いペースで成長しています。

https://s23.q4cdn.com/371616720/files/doc_financials/2019/Q2/Updated/Earnings-Graphs-9.04.19_V11.pdf
https://s23.q4cdn.com/371616720/files/doc_financials/2019/Q2/Updated/Earnings-Graphs-9.04.19_V11.pdf

Non-GAAPベースの営業利益は△$56M(約△56億円)でYoY-38%で、大きな赤字を記録しています。引き続き投資に注力している状況と言えるでしょう。

課金ユーザーあたりの月次売上高(以下、ARPPU)はSlackの何分の一?

では次に、タイトルにも記載のあるARPPUを見ていきましょう。

まずはChatworkのARPPUを計算していきます。

新規上場申請のための有価証券報告書

成長可能性に関する説明資料

https://www.jpx.co.jp/listing/stocks/new/nlsgeu0000046z4v-att/09Chatwork-1s.pdf
https://www.jpx.co.jp/listing/stocks/new/nlsgeu0000046z4v-att/09Chatwork-1s.pdf

2019年12月期第二四半期末時点のChatwork利用料(課金収益)は約7億円となっています。

http://bit.do/fiKbF
http://bit.do/fiKbF

課金ユーザー数は36.4万ユーザーを抱えています。

上記数値からARPPUを計算すると以下のようになります。

2019年12月期第二四半期

売上高(Chatwork課金収益):約7億円

課金ユーザー数:36.4万ユーザー

=> ChatworkのARPPU=7億円÷36.4万ユーザー÷6=約321円

Chatworkの料金プランは400円、500円、800円の3種類ですが、ARPPUは約321円と低めの数字が出ています。これは、KDDIへのOEM提供が影響しているのではないかと考えられます。

次に、SlackのARPPUです。

https://s23.q4cdn.com/371616720/files/doc_financials/2019/Q2/Updated/Earnings-Graphs-9.04.19_V11.pdf
https://s23.q4cdn.com/371616720/files/doc_financials/2019/Q2/Updated/Earnings-Graphs-9.04.19_V11.pdf

直近四半期開始時点で、9.5万社が登録している状況です。

以前この記事で紹介したSlackの1社あたりの平均ユーザー数(17ユーザー)を当てはめると、Slackの課金ユーザーは約161.5万ユーザーであると考えられます。

冒頭紹介したSlackの売上高と合わせると、ARPPUは以下の通り求めることができます。

売上高:$145M(約145憶円)

課金ユーザー数:約161.5万ユーザー

=> SlackのARPPU=約145億円÷161.5万ユーザー÷3=約2,993円

まとめると以下のようになります。

ChatworkのARPPU:約321円

SlackのARPPU:約2,993円

=> ChatworkのARPPUはSlackの1/9以下

かなり大きな差分があり、Slackのビジネスとしての凄さや、Chatworkの伸び代の大きさを感じることができるのではないでしょうか?

今日の記事後半では、ChatworkとSlackの違いを、ARPPUだけではなく、様々な視点から読み解いてみたいと思います。

この記事は、SaaSビジネスに携わっている方、継続課金型のビジネスを担当されている方、メッセージング系のサービスに興味のある方に最適な内容になっています。

---

ここから先は、有料コンテンツになります。月額1000円の定期購読をご購入ください。定期購読では1ヶ月あたり4本程度の有料記事が追加される予定です。

定期購読は初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・課金ユーザーあたりの獲得コストは?

・課金ユーザーあたりのLTVは?

・投資・回収モデルは?

・それぞれのROIは?

・Slackと比較したNet Dollar Retentionは?

----

この記事は有料です。
決算が読めるようになるマガジンの定期購読をお申し込みください。

定期購読のお申し込み

商品名

決算が読めるようになるマガジンサンプル記事

シバタナオキ

価格

月額1,018円(初月無料)

月4回程度

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方にも役立つ内容です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

企業や社会の次の動きはすべて「数字」が物語っている――。アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、企業の決算情報から「次の一手」を読み解くコラム。経営者だけでなく、決算を基礎から学びたいビジネスパーソンや学生にも役立つ情報を届けます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。