Q. 販売台数絶好調のTesla、売上が減少しているのはナゼ?

A. Model 3のリース販売が増えたため。

今日の記事ではTeslaの決算を取り上げたいと思います。

タイトルにも書いた通り、販売台数が絶好調な決算でした。

Tesla, Inc. Q3 2019 Financial Results(2019/10/23)

ちなみに、これまで株主へのレター形式だった決算資料が、今回の決算からスライド形式に変更になっており、今まで以上に読みやすくなっています。

車種別の生産・納車台数

 https://ir.tesla.com/static-files/47313d21-3cac-4f69-9497-d161bce15da4
https://ir.tesla.com/static-files/47313d21-3cac-4f69-9497-d161bce15da4

はじめに、車種別の生産台数と納車台数を見てみたいと思います。

https://www.tesla.com/models
https://www.tesla.com/models
https://www.tesla.com/modelx
https://www.tesla.com/modelx

Model SとModel Xという高級車は生産が約1.6万台、納車が約1.7万台という数字が出ています。安い価格帯のModel 3は生産も納車も約8万台となっています。

https://www.tesla.com/model3
https://www.tesla.com/model3

納車台数でみるとModel 3が前年同期比+42%で増える一方で、高額な価格帯のModel SとModel Xは-37%と減少しています。

さらにここで注目すべきは、Model 3の納車数は前四半期ベースで3%しか増えていないのに、リースによる販売数が前四半期と比べて+50%で大きく伸びているという点です。

いかにリースの割合が大きくなったかご理解いただけると思います。

売上・営業利益・キャッシュフロー

 https://ir.tesla.com/static-files/47313d21-3cac-4f69-9497-d161bce15da4
https://ir.tesla.com/static-files/47313d21-3cac-4f69-9497-d161bce15da4

売上は自動車関連が$5.4B(約5,400億円)で前年同期比-12%となっています。

全体の売上は$6.3B(約6,300億円)で、こちらも前年同期比-8%、営業利益は$261M(約261億円)で、営業利益率が4.1%になっています。

営業利益がしっかり出るようになったことの最大の要因は、営業費用が$930M(約930億円)と、前四半期そして前年同期と比べても削減されている点です。営業費用はModel 3の生産を開始してから最も低い数字に収まっていると報告されています。

https://ir.tesla.com/static-files/47313d21-3cac-4f69-9497-d161bce15da4
https://ir.tesla.com/static-files/47313d21-3cac-4f69-9497-d161bce15da4

今回の決算で一番注目すべきは、中央の図に記載されている赤と青の棒グラフです。設備投資を加味した赤色のグラフが示す営業キャッシュフローが$371M(約371億円)のプラスになっているという点でしょう。

Model 3の生産を大きく加速させ、且つリースでの販売を開始して、2四半期連続でキャッシュフローがプラスになっているという点は、投資家から見るととても安心できる材料なのではないかと思います。

営業黒字とプラスの営業キャッシュフローを生み出せずになかなか苦労していたTeslaですが、ようやくここに来てしっかり利益とキャッシュフローを生み出す会社になってきています。

Gross Marginが驚異的な高さを維持

廉価版のModel 3を発表したことでマージン率が心配されていましたが、今回の四半期においては22.8%という非常に高いマージン率を維持しています。

Despite reductions in the average selling price (ASP) of Model 3 as global mix stabilizes, our gross margins have strengthened.

3.5万ドル(約350万円)というこれまでのModel SとXに比べて圧倒的に低い価格に設定したにもかかわらず、全体で見るとマージン率が落ちなかったというのはTeslaの自動車生産のコスト管理も含めたオペレーションの強さを物語っていると決算資料に記載されています。

生産・納車台数が絶好調にも関わらず、売上が減少している理由とは?

ここまでにほとんど理由を書いてしまいましたが、「生産納車台数は絶好調にもかかわらず売上が減少している理由は、リースによる納車が増えた」ことによります。

Compared to Q3 of 2018, the percentage of leased vehicles has tripled and alone has impacted revenue by the majority of the YoY decrease.

リースによる販売が前年同期比で3倍以上に増えており、売上の減少はこのリースの増加によってほとんど説明できると書かれています。

特にアメリカでは現金一括で自動車を購入するケースはまれで、ローンを組んだりリースを活用して自動車を入手する人が多いため、これまで不可能だったリースによる購入が可能になったことで、一時的に売上が落ちているように見えるのが今回の四半期だと言えるでしょう。

逆の言い方をすれば、リースの売上は今後積み上がっていくので、中長期的に見ればあまり大きなダメージがないと思います。

以下ではTeslaの今後を占う上で注目すべき三つのポイントを整理しておきたいと思います。

Teslaのロードマップを見ると、自動車に限らずハードウェアスタートアップが描くべきロードマップが、見事なまでに綺麗に描かれているというのが個人的な感想です。

この記事は、自動車業界自動車関連業界に携わっている方、ハードウェアビジネスに携わっている方、ソフトウェアとハードウェアの融合に関心がある方に最適な内容になっています。

----

ここから先は、有料コンテンツになります。月額1000円の定期購読をご購入ください。定期購読では1ヶ月あたり4本程度の有料記事が追加される予定です。

定期購読は初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・その1: ●●の収入も凄い金額へ

・その2: ●●が本格化すると更にコストが下がることに

・その3: 世界最大のEV市場である●●の展開

----

この記事は有料です。
決算が読めるようになるマガジンのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

決算が読めるようになるマガジンのバックナンバー2019年11月サンプル記事

シバタナオキ

価格

1,018(記事6本)

2019年11月号の有料記事一覧

すべて見る

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方にも役立つ内容です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

企業や社会の次の動きはすべて「数字」が物語っている――。アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、企業の決算情報から「次の一手」を読み解くコラム。経営者だけでなく、決算を基礎から学びたいビジネスパーソンや学生にも役立つ情報を届けます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ