Q. フリーミアムビジネスで今最もホットなエリアは?

A. コンシューマー向けサービスです。

フリーミアムビジネスは、ゲーム => B2B => コンシューマー向けという具合に進化しています。

今年もこの季節がやってきました。

Mary Meeker氏によるInternet Trends 2019が発表されましたので、今日はその中から、フリーミアムビジネスのトレンドについて取り上げてみたいと思います。

Internet Trends 2019

https://www.scribd.com/document/413048704/Internet-Trends-2019
https://www.scribd.com/document/413048704/Internet-Trends-2019

このスライドにある通りですが、フリーミアムビジネスというのは様々な事業ドメインで大きく成長し、拡大しています。

今日の記事では三つの分野を取り上げて、どのようにフリーミアムビジネスが成長しているのかを分析したいと思います。

フリーミアムその1: ゲーム

一つ目のフリーミアムビジネスは、皆さんよくご存知の、ゲームです。

https://www.scribd.com/document/413048704/Internet-Trends-2019
https://www.scribd.com/document/413048704/Internet-Trends-2019

ゲームにおけるフリーミアムビジネスの先駆者と呼ばれるのは、Runescapeと呼ばれる会社です。

このサービスは2001年から存在しており、リリース直後は広告で収入を得ていましたが、ドットコムバブルがはじけたことによって、サブスクリプション型に切り替え、成功を収めました。

右のグラフにある通り、有料会員数は約100万人、有料会員数の割合が全会員数の約10%と、とても高い数字になっています。

https://www.scribd.com/document/413048704/Internet-Trends-2019
https://www.scribd.com/document/413048704/Internet-Trends-2019

近年のフリーミアム型のゲームで最も成功していると言われるのは、Epic Gamesの『フォートナイト』と呼ばれるゲームです。

いわゆるFree-to-Play型(基本プレイ無料)のモデルを採用しており、推計売上は右側のグラフにある通り、1年間で10倍以上に拡大しています。

ゲームをプレイするユーザー数が20,000万人を超え、売上が$1B(約1,000億円)を超えるとも言われていますが、このフォートナイトの創業者達が、アップルやGoogleに対抗する形で独自の App Storeを立ち上げた、というのが話題になりました。

Fortnite creator launching app store in challenge to Apple and Google

この新しいApp Storeでは、ゲームの開発者が88%の売上を手にすることが出来、Appleや Googleにゲームを提供した場合の70%を比べると、非常に高い割合をゲーム開発者に還元しようとしているのが特徴です。

 https://www.scribd.com/document/413048704/Internet-Trends-2019
https://www.scribd.com/document/413048704/Internet-Trends-2019

[4]

他のゲームで成功している会社がここに四つあげられています。

上の二つ、NexonとHearthstoneに関しては、有料会員の割合が非常に高く、20%程度となっています。

下の二つ、Zyngaやアングリーバードを提供するRovioに関しては、有料会員の比率が1%から2%程度となっています。

ゲームのフリーミアムビジネスにおける成功要件は、以下の三つが挙げられていますので、覚えておきましょう。

・Social(ソーシャル、友人とプレイできること)

・Often Mobile(スマホゲームであること)

・Can Be Transient(短時間でもプレイできること)

いずれにしても、フリーミアムの先駆者といえばゲーム業界だと言って間違いないのではないでしょうか。

以下では、ゲーム以外の二つの事例を取り上げて、どのようにフリーミアムが発達してきているのかというのも考察したいと思います。

このビジネスはフリーミアム型のビジネスを提供されている方、都度販売モデルから継続課金型に移行されたいと考えている方、既に継続課金型のビジネスを提供されている方に役立つ内容になっています。

Mary Meeker氏によるInternet Trends 2019を英語で自分で読める方は購入する必要はありませんので、予めご了承下さい。

----

ここから先は、有料コンテンツになります。月額1000円の定期購読をご購入ください。定期購読では1ヶ月あたり4本程度の有料記事が追加される予定です。

定期購読は初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・フリーミアムその2: BtoB

・フリーミアムその3: コンシューマー向けサービス

・まとめ

----

この記事は有料です。
決算が読めるようになるマガジンのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

決算が読めるようになるマガジンのバックナンバー2019年8月サンプル記事

シバタナオキ

価格

1,018(記事6本)

2019年8月号の有料記事一覧

すべて見る

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方にも役立つ内容です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

企業や社会の次の動きはすべて「数字」が物語っている――。アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、企業の決算情報から「次の一手」を読み解くコラム。経営者だけでなく、決算を基礎から学びたいビジネスパーソンや学生にも役立つ情報を届けます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ