Q. Uberの今後の伸びしろはどこにあるのか?

Q. Uberの今後の伸びしろはどこにあるのか?

A. Uber Eatsです。成長率はYoY+108%と前年の2倍以上のペースで成長しています。

一方で、ライドシェアセグメントはYoY+22%と伸びが落ち着いてきています。

Uberが今年5月に上場してから初めての決算が発表されたので、今日は詳しく見ていきたいと思います。

ちなみにUberの決算資料はとてもシンプルです。必要最低限のKPIが開示されており、とても読みやすい決算資料だと思います。

Uber Reports First Quarter 2019 Results(2019/5/30)

Uber Technologies, Inc. Q1 2019 Earnings

取扱高・売上・EBITDA

ますはじめに、取扱高、売上、EBITDAを見ていきましょう。

 https://s23.q4cdn.com/407969754/files/doc_financials/2019/Q1/Q1-2019-supplemental-slides.pdf
https://s23.q4cdn.com/407969754/files/doc_financials/2019/Q1/Q1-2019-supplemental-slides.pdf

取扱高は$14.5B(約1兆4,500億円)で、前年同期比+41%と成長しています。こちらのグラフを見れば分かる通り、ライドシェア事業は前四半期から大きく伸びていませんが、Uber Eats事業は拡大していることがわかります。

 https://s23.q4cdn.com/407969754/files/doc_financials/2019/Q1/Q1-2019-supplemental-slides.pdf
https://s23.q4cdn.com/407969754/files/doc_financials/2019/Q1/Q1-2019-supplemental-slides.pdf

売上は四半期当たり$2.6B(約2,600億円)で、前年同期+14%になっています。

取扱高の伸びに対して売上の伸びが追いついていないのは、おそらくライドシェア事業もUber Eats事業も両事業共に一部の地域でキャンペーン等を実施し、テイクレートを一時的に下げてでも、市場シェアの拡大を狙う戦略を取っているためだと考えられます。

 https://s23.q4cdn.com/407969754/files/doc_financials/2019/Q1/Q1-2019-supplemental-slides.pdf
https://s23.q4cdn.com/407969754/files/doc_financials/2019/Q1/Q1-2019-supplemental-slides.pdf

EBITDAは$-869M(約▲869億円)と、前年同期比でも、前四半期と比べてもマイナスが拡大していることがわかります。

主なKPIの推移

続いて主なKPIの推移も見ておきましょう。

 https://s23.q4cdn.com/407969754/files/doc_financials/2019/Q1/Q1-2019-supplemental-slides.pdf
https://s23.q4cdn.com/407969754/files/doc_financials/2019/Q1/Q1-2019-supplemental-slides.pdf

アクティブな利用者数は、四半期あたり9,300万人となっており、こちらは前年同期比+2,300万人と大きく伸びていることがわかります。

 https://s23.q4cdn.com/407969754/files/doc_financials/2019/Q1/Q1-2019-supplemental-slides.pdf
https://s23.q4cdn.com/407969754/files/doc_financials/2019/Q1/Q1-2019-supplemental-slides.pdf

四半期あたりの乗車回数は前年同期の11億3,600万回から、今四半期は15億5,000万回と大きく伸びています。

 https://s23.q4cdn.com/407969754/files/doc_financials/2019/Q1/Q1-2019-supplemental-slides.pdf
https://s23.q4cdn.com/407969754/files/doc_financials/2019/Q1/Q1-2019-supplemental-slides.pdf

一方で、乗客あたりの月間乗車回数は過去1年の間、5.5回から変化しておらず、伸び悩んでいることが分かります。

以上のKPIから、利用者数は伸びているものの、利用者あたりの乗車回数が頭打ちになっているということが読み取れます。

以下では、Uberのユニットエコノミクスをもう少し詳しく見ます。さらにセグメント別や地域別の成長率も見ていきます。

この記事は、シェアリングエコノミー関連の事業に携わっている方、マーケットプレイス型のビジネスに関心がある方、フードデリバリー系のサービスに携わっている方に役立つ内容となっています。

----

ここから先は、有料コンテンツになります。月額1000円の定期購読をご購入ください。定期購読では1ヶ月あたり4本程度の有料記事が追加される予定です。

定期購読は初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・Uberのユニットエコノミクス

・セグメント別の成長率

・地域別の成長率

----

この記事は有料です。
決算が読めるようになるマガジンのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

決算が読めるようになるマガジンのバックナンバー2019年7月サンプル記事

シバタナオキ

価格

1,018(記事4本)

2019年7月号の有料記事一覧

すべて見る

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方にも役立つ内容です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

企業や社会の次の動きはすべて「数字」が物語っている――。アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、企業の決算情報から「次の一手」を読み解くコラム。経営者だけでなく、決算を基礎から学びたいビジネスパーソンや学生にも役立つ情報を届けます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ